いわきび、森の明るみへ

四国の片隅から働き方や住まい方を再考しています。人生の時間比率は自分仕様に!

仕事と働き方

コロナ禍と職業差別

2020年に話題にのぼった本にデヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論』(岩波書店)がある。 ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論 | デヴィッド・グレーバー, 酒井 隆史, 芳賀 達彦, 森田 和樹 |本 | 通販 | Am…

乳牛と労働者~『家族を想うとき』にみるケアのゆくえ

longride.jp ケン・ローチ監督『家族を想うとき』(原題 Sorry Missed You)は、グローバル資本主義下に台頭したギグ・エコノミーの労働問題と、不安定雇用に揺さぶられる家族のゆくえが中心的論点とされてきた。物語は不安定な生活から脱してマイホームの購…

何月何日であろうと

とうとう通勤路のそば屋に「年越しそばご予約承ります」の看板が出た。最近朝が遅くなりがちで自転車をすっ飛ばして職場へ急ぐのだがそんな朝に「ああ来たか…」と胸に迫るものがある。 先が見えない人間にとって暦は想像以上に心身を追い詰める。世の中には…

広場があること

夏過ぎから、退勤後には中心街の広場を通って帰るようになった。敷地の隅には美術館も図書館もある公共の広場だ。地元は城下町で、お城のふもとに廻らされたお堀と森に囲まれて、散歩やジョギング、運動にはげむ人たちが毎日行き交っている。 新コロ対策で室…

わが机上自由なりき

11月は暖かな日が続き、月半ばには夏日に近い気温の日さえあった。おかげで職場の事務所外の作業―それも水仕事付きの身体を使うチームワーク―も、水が気持ち良いくらいの気候で順調に終えることができた。 何度も書いているが、私は手や体を使うタスクも他人…

ユニクロチラシに嫉妬した話

コロナ拡大を防ぐために自粛していた経済活動も、地域によっては徐々に緩和の兆しがある。ただし、在宅勤務を続けられる会社は続け、すべての店は引き続き三密を避け、何をするにせよ人を大勢集めることは当分させない方針だ。 この在宅勤務、大都市圏では2…

自己完結の館

新型コロナウイルスを封じ込めるためにロックダウンしていた都市が、徐々に封鎖を解き始めた。日本とちがい、罰則や罰金を伴う厳しい外出規制が緩和され外へ出られた人たちの喜びはひとしおだろう。 しかしたとえ封じ込めに成功した国でも、コロナ感染拡大前…

それぞれの仕事状況

もらった誕生カードを机に並べて返信の言葉を探す。誕生日ということで家族が用意してくれた特別ディナーの後に自室へ引き揚げた木曜夜のことだ。 思いがけずありつけた夕食は、街中のカフェレストランが始めたテイクアウトのセットで、ふだんはフレンチ総菜…

やる気のともし火

新年度が始まった。あいにく朝から酷い雨で、時間ギリギリで乗れた路面電車の中からマスクで表情が隠れるのを良いことに胸中で悪態をつく。 勤務はあと1年ある。契約期間は半年ごとに更新する。とはいえコロナ感染状況いかんではいまやどの職種業種も雇用不…

非正規雇用は潜在的失業者である

今月に入ってから何度かハローワークを訪れている。求人応募先への紹介状を出してもらうためだ。応募したい事業所の求人にいくつかあった不明点をハローワークを通して確認してもらい、応募してよいか事業所から許可をもらわないと紹介状を発行できないとい…

それぞれのセカンドキャリア

年度末につき、周囲では人員の出入りが知らされ始めた。現職でも家族の職場でもとりわけ印象深いのは、定年退職の手前で早期退職し、かねてから暖めてきた第二のステージを歩みだす人たちだ。 一人は、若い頃からの夢だった農業を山間部の一軒家で始めるそう…

あり得たかもしれない未来

年が明けた。現職はカレンダー通りの勤務で私の仕事始めは4日からだった。が、休みを取った人も多い。すぐまた土日が控えているのだから遠方へ帰省した人はまとまった時間が欲しいだろうし、世間でも本格稼働開始は7日からのところが多かったようだ。 7日の…

就職と引き換えに

外国からの移民受入を拡大する法案が通過した。で、ネットでは人道的・経済的観点からあまりに拙速な通し方について反対が次々と噴出している。中でも深い絶望に裏付けられた批判はいわゆるロスジェネ世代(就職氷河期世代)からの怒りだ。じつにもっともだ…

人手不足時代の労働観

祝福を。やっと2月を迎え、陽射しや空の色が変化をとても楽しみにしている。通勤路に見える景色も少しずつ違ってくるはずだ。 仕事は何とか続けている。ぎこちなく、不十分ながら平日陽のある間は労働者をやっている。それは良いのだが、最近この労働観につ…

私というフォルム

この半年間、自分の身につける物を選ぶときにサイズを頻繁に間違えている。職業訓練で購入したテキスト用の鞄、転職先の制服のサイズ、通勤中に羽織ろうと売れ残り値引きで買ったSサイズのフードなしパーカー、ペンケース、1.5cm程度大きいばかりに引出しへ…

メンバーシップについて

先日、ひょんなことから前職の「その後」を知った。毎年この月に県外移動を伴う大規模な人事異動があるのだが、今年は始まって以来という位の大異動らしい。管理職クラスの県外異動、退職もある。内部異動、非正規メンバーの異動も含めればかなり大がかりな…

時間を分け合うこと

転職して数ヶ月たつ。毎日新たな学びの連続で、作業内容もそのやり方も、前職とは全く異なる世界ながら、少しずつ自分と周りのことをズームアウトして見られる段階へきた、いわきびです。 数日前から仕事では新たな技術習得の訓練が始まった。それは机上で根…

異業種の風景

祝福を。かなり久しぶりの更新になりました。私はどうにか暮らしております。思うところありながらも、年度初めよりは楽しく暮らせているでしょう。 転職して一ヶ月と少しが経とうとしている。 通勤圏は変わり、目に映る風景も、やっている仕事も扱うモノも…

これからの暮らしとマイ・ウェイ

祝福を。就業開始日が迫っている。明日からはまた働く日々が始まる。基本平日8時間で土日祝休なので、世間一般からみたらかなり恵まれた条件だろう。正社員ではなく期間ごとに勤務成績をみて更新ありというしくみ。それでも給料は非正規にしては今まで就いた…

再び働く日々へ

祝福を。昨夜から雨で、今外はぐっと冷え込んでいる。授業が終わると皆それぞれの日常があり、残って練習する人を除いてめいめい自分の生活軌道に戻っていく。 実は、就職が決まった。失業してから細々と応募を続けてきた求職活動のうち一つが実ったのだ。勤…

人生が変わるということ

職業訓練が始まった。久々の学校生活は何というか本当に「学校」で、教室に集い、先生の授業を聞き、タスクを一斉にこなし、授業の合間に規則正しく休み時間を設け、掃除当番まである。 近代から始まったこういう学校の制度やスタイルが合わない人はもちろん…

詰んだ年を前に

ハロワの職員はなぜか優しかった。 同情もたぶん入っているのだろう。 職業訓練を前に、一度失業認定を受ける必要があり、行ってきた。 テクスト代を引き出し、散髪に行き、夏物衣料を買う。それだけでけっこうお金はとんでしまった。だが来週までに雇用保険…

AIおよび機械化と事務作業

人工知能(AI)の導入は事務系労働者を一掃するという。事務職のほとんどをAIは代替できるそうだ。ネットを叩けば「人工知能の進化・導入によってなくなる仕事」関連の記事は山と出てくる。事務職はその代表格らしい。Excelの表計算もグラフ作成もAIなら容易…

働かなくてよい日々へ

お金のことについて、昨日また新たな事実が判明した。 これから数ヶ月間、アルバイトは実質上できない。 通常、雇用保険受給中の人がアルバイトしたときは、稼いだ分の金額が当月の受給額から減額されて、その分は一番最後の月に繰り越しで給付される。が、…

ある求人のこと

祝福を。 このところ、自分の持ってる資格を生かせる(応募資格にその資格所持が条件になっている)求人に応募している。今日も県外で2件ほど見つけ、うち1件は土曜必着なので早速応募した。それで今日の午後は書類作成で終わり、郵便局の夜間窓口で提出を終…

生産人口が減ること

祝福を。失業給付(もういっそもらうのをやめたほうが良いような気がしてきた)、職業訓練(受けるなら)との兼ね合い、家族の理解のなさ、自分の意思、派遣法改正ゆえの短期労働の制約等々がまったくかみ合わず、利害がバラバラでうんざり中の、いわきびで…

失業給付、職業訓練、バイト、時給etc

祝福を。みなさまはお休みでしょうか。 こちらはこの2日間新たな動きがあった。細かく書けばキリがないのでざっくり記すと… めぼしい職業訓練の詳細を聞く→ どうも今の自分には中途半端な内容かもしれないと判明失業給付を受給するならアルバイトは制限され…

〈働く〉に多くを託すムダ

両親が引き揚げた食堂のテーブルでこれを書いている。一杯だけ焼酎の湯割を呑んで、あとは頂いた焼菓子をつまみつつコーヒーで一服している。 いったいなぜ、「働く」をめぐってこれほど多くの人が苦しむのだろうか。一つに、経済のグローバル化に伴う産業構…

「ふつう」を問うことと奪回すること

祝福を。 卒業シーズンである。引越しラッシュも始まる。人が移動する。…で、いわきびはこの数日何かへの決断を控えている。 もうこのブログを読んで下さってる方にはもうちょっとポジティブな話題はないの?とあきれられそうなのを承知で自分の状況を記して…

正社員応募をやめる、&地元ほかの選択肢

祝福を。 選択肢の無さに今更ながら失望中のいわきびです。 今日は数日前問い合わせたシェアハウスから返信が来た。が、もう明らかに日本語を十分に操れない外国人からで、メールの中身は問いへの答えもなく、そもそも窓口にちゃんと話のできる人員を置いて…