いわきび、森の明るみへ

四国の片隅から、働き方や住まい方を変えたく奮闘中。人生の時間比率は自分仕様に!

その人の鼓動

f:id:iwakibio:20170622183120j:plain

川原である。

一日の訓練を終え、残って練習も終え、息抜きに出た。

繁華街を抜け、ほぼシャッター街と化した商店街を抜ければもう河畔に出る。コンパクトシティは素晴らしい、のだろうと思う。中心街から徒歩で自然の中へ、また生活臭の残るエリアへ散歩できるのだから。

学校であれカフェであれ、こうして木陰や草むらの中に居てさえ、想起するのはつくづく同居している両親の多忙さである。

母は、60歳を超えてなおパートで働き続けている。それも同じ雇用先で二つのエリアに、だ。一日の労働時間はトータル8時間。しかしそれは2エリア合わせてのことで、しかも完全な時間外労働である発注の仕事を2エリア分持ち帰りでこなしている。その上片方のエリアは交代で土曜出勤もある。この働き方がもう十年以上になる。
今はまだ良いほうで、2年前まではさらに別の仕事を土日にやっていた。で、私生活では土日は実母の介護のため、住んでる自分の住まいを離れて市外の祖母宅へ。こんな生活がもう四年以上続いている。

その上平日は家事をやっている。私もやるが、実家の家事はあまりにも無駄なモノや作業が多いので、仕事を優先せざるを得ない時はどうしても離れてしまう。でも母は、朝は7時過ぎには起きて、発注の仕事をして、階下で朝食(自分でやることも父がやることもある)をとり、午前中は洗濯物干しと、なんと夕食の準備をする。そのあと午前中の出勤。昼過ぎ帰宅して、夕方から夜までまた働きに行く。

ご想像に難くないと思うが、こういうスケジュールをこなすには世間一般の人のおそらく数倍の体力と機転、段取り力、決断力、器用さ、ポジティブさがないと立ち行かない。それは本人も最近自覚し始めていて、また本人の自負でもあるのだが、それを肯定することは、色んな意味で寛容さの対極と言える何かへの加担だと思ってしまう。


職業訓練には、前職を様々な「思うこと」があって辞めた人たちが来ている。長時間過重ブラック労働で「こんなとこやっとれんわ!!」と判断し、心身が潰れる前に辞めた人だっている。その判断は正しくて、いかに今モラトリアムに見えようと、二つとない自分の人生を守るための選択だったのだから、まともな決断だったといえる。そういうギリギリの選択をした人が、母のような者を身近に暮らしていたら相当追い詰められるだろうな、と思う。

団塊世代後期高齢者入りする 2022年問題は、若い世代が個々の人生時間の使い方が、これまでのどの世代よりもアンバランスになることへの危惧をその根底に置くべきだ、と私は思う。介護はとにかく介護する側がされる側に一方的に時間を割かなくてはならないのだから。しかも子どもへのケアとちがい、成長して手を離れるという時間軸はあり得ない。老いの受容と看取りがそこには含まれる。


母を見てると、もう常人とは心臓の打ち方が違うのではと思うときがある。それくらい、短時間で多くのタスクを回しているのだ。人手不足社会。どこまでも固有であるはずの、その人の脈拍、時間のリズム、鼓動を大事にする思想や制度が、私は必要だと考えるのです。

私の導線(2)

f:id:iwakibio:20170619173326j:plain

f:id:iwakibio:20170619173349j:plain

祝福を。
写真は昨夕の散歩風景。梅雨入りしたのにろくに雨が降らず、例年と比べて全然六月らしくない体感である。そんな中目に入る光景は完全に夏のもので、この付近ではなんともう庭先で花火をやっているお宅があった。傍に犬が寝そべり、横の畑では葉物の収穫と草むしりをする人がいる。ラッパが垂れ下がったようなダツラの花、赤や橙のランタナ、青い実をつけ始めたぶどう棚。どれも平和と豊かさの象徴に見える。

実は、この二週間ほどわが家はあまり平穏でなかった。もうすぐ入院期間が切れる、父方の祖父は施設への入所が決まった。この数年付ききりで介護してきた叔母が体調を崩し、退院後自宅へ戻ってももう以前のようには暮らせないと判断したのだ。それはよいとして、私と母がなんかモヤモヤするのは父方の親戚ー父とそのきょうだいたちーのコミュニケーション不足というか、県内に住む身内なのに親の介護の肝心なことについてハッキリした話し合いが持たれず、いわばナアナアで叔母の一手に負担とイニシアが移り、その叔母が倒れて今回の結果という、何だかなあ…というもの。

父はかなり無口な人で、外面は良いのだが家族に対するコミュニケーションの方法を知らない。団塊世代には普通のことかもしれないが、家の者にはろくに挨拶を返さないし、興味のない話には相槌も打たない。が、家事はよくする・できるほうで、もとが几帳面で器用な人だからか、退職して毎日が日曜日となってからは介護以外は家にいて、家事をやることが多い。が、それは母にしてみれば全部自分ができること・してきたことであり、気が向いた時だけ自分のやり方で手を出して、母自身の時間の段取りを壊すのはやめてほしい、という憤りがあるらしい。

家庭における、自分の導線。どんなに忙しくても、やることを自分で決めて自分の段取りと順序と方法でこなせるのなら、それは自ら家庭をマネジメントしているという自負となり、充実感を持てるだろう。が、それを同居人のせいでできないとしたら、フィジカルよりメンタル面でのストレスはかなり大きい。

父は、モノを溜め込む人だ。これもどこの家でもそうなのだろうが、空き箱からレシートから広告からDMから、とにかく不用品を捨てるという発想がなくて、どこにでも置きっ放し。で、なまじ几帳面な人なのでモノじたいは整って置いてあるように見えるが、必要なモノがどこだか分からず結局探し、あろうことか見つからないのを家人のせいにする。その件で先週は母がブチ切れ、実家は何となく嫌なムードが漂い、地元で家以外の居場所を一つでも増やす重要性を痛感する。

導線を妨げられる不快さ。私もたびたび家では経験する。疲れて帰宅し、水を飲もう珈琲を淹れようと台所へ向かうも、流しには父が立っていて、今やらなくてもよい漬物づくりなどやっている。声をかけて蛇口を回し、コップをとるも、それだけでもうなんか自分の流れを邪魔されている気がして、自室へ入ると疲弊と嫌気が押し寄せる。

家でも、職場でも、街でも、どんな局面であれ自分の人生は自分で舵を執っている感覚が必要だ。どこで何をしていても、地元ではこれが味わいにくい。乱暴な言い方だが、ぬるま湯でどこか平和ボケした空気の漂うこの土地で、わずかな間隙でも自分の主導権を入れておくこと。でないともしもの災害や人生の危機で生き延びることは難しいのでは、と思うのです。

有限な時間、その分配について

f:id:iwakibio:20170612175207j:plain

祝福を。
写真は近所のユスラウメ。
この時期の植物の成長は早く、実るもの早々に熟して枝を離れるように見える。ぶどうの葉もあっという間に繁り、やがて実になる房が育ち始めている。

思うこと。

老いてこの世を去る者と、これから否応なく一定期間を生きてゆく年齢の者がいる。今の日本では両者の置かれた立場はあまりに違いすぎ、その負担はじつに不均衡である。

「人手不足」と称して巷で話題にのぼる生産人口の激減は、たいてい少子化問題とセットで語られる。だが、子どもの数がたんに増えればよい、という問題ではない。

不足しているのは何より「生産に従事できる人口」であって、つきっきりのケアが必要な存在ではない。今のこの状況で子どもだけ増えても「誰が面倒みるの?」という話になる。晩婚・晩産化が進んだ現代なら、介護と育児がまともに重なる人もいるだろう。なのに軽度の要支援介護は在宅でとなり、保育所の数も足りず、介護士も保育士も人手不足である。

生産人口不足と空き家問題。人口減少社会が直面する問題群を甘く楽観的に考える層もいるみたいだが、これは都会田舎を問わずふりかかってくることだ。

対人業務でも何でもサービスの提供者が減り、回せるお金が減り、経済規模が縮小していき、人件費を上げるにも限度がある。全国に支社をもつ大手ならまだしも、実は良心的消費者が最も買い支えたいと思うような、地域に根ざした小規模な個人商店から首が回らなくなってゆく。

人件費の上昇以上に必須なのが、一人当たりの生産性を今よりも上昇させることだ。それも個人への労働強化なしに、だ。でなければ、今まで2〜3人でやっていた仕事を1人でやらなければならない状況が業種職種を問わず溢れるだけで、過労死問題は終わらない。
そのためには機械化でもAIでも導入して、システマティックに業務を回せる体制の整備が要る。

人が生きるにはコストがかかる。それには人手も含まれる。その人手の提供を、私的領域だけを源泉として募ることはもうできない。負担と責任を家庭や個人の内面だけに求めれば、そこは追い詰められて暴力の温床となるだけだ。
子育てでいえば、個々の家庭以外で子どものケアを、どのセクターが、どんな形で、どれくらい担うのか?が地域や学校やその他機関において問われる。

別に子どもや高齢者、病気や障害をもつ人でなくとも、人が一人生きてゆくために必要な生存資源の出処とその分配のありようが、この人口減少・労働力不足社会では先鋭に問われるのだ。

高齢者だけがその住まいを管理していくのはどんなに健康な人でも難しくなる。不動産というのは維持管理するだけで莫大なコストがかかる。歳をとった住み手のいなくなった家、庭、畑の手入れや片づけのために、その子世代が休日のたびに車で一時間以上かけて現地へ通う。生産人口である彼らはふだんは仕事、人によっては子育てをしている。現在の自分の養いに加えて次世代の世話、旧世代のケアー。

人生は有限だ。豊かに過ごすには、究極のところ個々人の時間比率がどうあるかにかかっている。自己の存在と時間尊いなら他者のそれも同様である。有限で貴重な人生時間の分配を犠牲なく行うために、大きな機構や個々の決断はあるのだとしみじみ思うのです。


再び働く日々へ

f:id:iwakibio:20170607175635j:plain
f:id:iwakibio:20170607175706j:plain
f:id:iwakibio:20170607175729j:plain

祝福を。昨夜から雨で、今外はぐっと冷え込んでいる。授業が終わると皆それぞれの日常があり、残って練習する人を除いてめいめい自分の生活軌道に戻っていく。

実は、就職が決まった。失業してから細々と応募を続けてきた求職活動のうち一つが実ったのだ。勤務は来月からなので、それまでに準備や手続きがある。デスクワーク以外に体力を使うことも多い仕事なので、身体を大事に調えなくては。

感謝なことだ。詳細省くがこの案件は私のライフワークにとても役立つので、今回ばかりは与えられた場で尽力しようと思う。

就業場所は、前職や今住んでいる場所とはエリアが全く異なるので地元といえど何だか別世界へ行く気分である。

これからの手続きは初めてのことが多い。雇用保険受給中に就職が決まったばあい、残りの受給額はどうなるか。条件によっては再就職手当てが出るが自分のばあいはどうか。住民税支払い通知がもうすぐ届くと思うがこれはやっぱり今払うのだろうか。国保も納付書が来たら払わなくては。何より訓練中、一番不得手で人から教えてもらうのが一番良かろうと思っていた部分が手つかずになる。テキストは購入済みなので自分でやることになるだろうな…。


最近、二正面作戦の意義を考えている。

大震災のあと、色々あって不要なモノや関係をたくさん断捨離してきた。その道すじに思いもよらぬ学問分野や論者との出会いがあった。まだ完済に至らないが、この間繰上げ返済に使ってきたのは進学の足しにと貯めてきたお金である。それを吐いて、転職ジタバタ、前職を辞め、移住資金難に陥り失業者となって雇用保険を受けてー。その間ろくに文献は読めず、というより読んでもノートやレジメとして括り上げることができず、何をしていても「こんなことをしている場合なのか」という揺さぶりがつきまとった。貯金を崩してしまったショックは大きくて、何か興味関心のあることに着手しても、「その先に大舞台などない、趣味道楽で終わるだけだ、何かをするまとまった金がないのだから」という思いーというか現実ーがすぐわが身を浸す。

でも通学が始まり、年齢も前職も社会的立場もバラバラな人たちと同じ教室で学ぶようになったから、少しずつ気持ちも落ち着いてきた。手持ち金も受給できる基本手当も金額は少ないが、私には複数のことにどうにか手をつける時間がある。学友の中には放課後すぐ子どものお迎えがあったり、週末は介護が必要な親の面倒をみたり、甥っ子姪っ子の世話に追われる人も多い。私も今でこそノータッチだが、自分の両親はそれぞれの親の介護で丸一日の休日というものがほぼ無い中、家事や仕事をやっている。
自分もそうやって、これまで前職と新たな学びを進めてきた。たぶんあまりに忙し過ぎる家族と同居しているせいで、それよりマシといえる自分の奮闘を全くカウントできずにいたんだろう。

お金はまた貯めればいい。いま第一線に居る人に比肩できなくとも、同じ問題関心を持つ人たちとは世界中どこに居たって同志だ。近く会うその人たちとはネットなり文書なりでフォロー・交流しながら、自分の生活圏に労働や家事以外の大事なことを根づかせていく。

大切なのは0か100かの違いでなく、0と1の違いだ。

できるかぎり複数の時間を!

立ち止まると惨めさと徒労感が迫り来るので、なるべく空白の時間を作らぬよう心がけている。

写真は数日前の夕景。郊外では夏野菜の苗が伸び、田植えを待つ田園が拡がっています。これからの暮らしに何が待ち受けているか、わからないなりにも日々を大切に歩むつもりです。ここを訪れて下さる方、他リアルで見守ってくれる方たちに感謝して近況報告といたします。

風薫る街より

f:id:iwakibio:20170602175550j:plain

訓練は日のあるうちに終わるので、夕方はゆったり過ごせる。店内は少し冷房をきかせているものの、時おり開くドアから吹き抜ける風が心地よい。そろそろ勤め帰りの人で混み始めた車道に面したスーパーのカフェでこれを書いている。買い物や子どものお迎えに急ぐ人を私は窓から眺める。失業中で通学する身となった自分を、最近それほどダメだと思わなくなった。

写真は昨夕の散歩で見かけたビワ。あちこちで色づいている。この間麦を刈り終わったと思ったら今度は田植えが近づいている。ジャガイモの花が咲き、ナスの苗が植わり、カボチャや西瓜が葉を伸ばし、季節は確実に移ろうことを実感する。

少し前までは、自分の置かれた立場が厭わしくてならなかった。転職はうまくいかず資金だけ尽き、地元どころか実家に住み続けたまま雇用保険を受けつつ職業訓練に通うことに。前職の給与が安すぎたせいで失業給付の額もそれなりで、訓練受講による給付日数延長ゆえに働いてもその金額分を最終月に繰り越しできない。奨学金はだいぶ減ったけれど完済まではまだ少し遠い。

しかし、学ぶ機会にアクセスできたことは相当な幸運でもあると最近思うようになった。学卒後「順調」にやってきた同世代や、もっと不利な立場にある労働者のいったいどれだけが雇用保険の制度や賢いもらい方、職業訓練について知っているだろう。これもレールを外れて自ら動いたから得た成果なのだと今なら考えられる。

乗っていれば安泰が保障されるレールなどもう解体している。なのに、企業側に都合の良い労働マインドを植えつけるだけのキャリア教育、人材養成やOJTの負担を放棄したいだけの企業がまたぞろ求める即戦力、正社員信仰、もうオワコンな高度経済成長を前提としたライフコースの規範、それらに生産人口不足からくる労働強化と介護問題と子育て負担が若い世代にはのしかかる。


「学校Ⅲ」
https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=学校Ⅲ&tid=31e0d01e6e895c2eb7bd00e93bd94700&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1
が上映された2000年辺りに労働問題として耳目を集めたのは中高年のリストラだった。若者をめぐるニュースといえば学力低下やレジャーランド化した大学などで、若者の就職難や非正規雇用、茶番な就活はとりあげられず、消費の食いものとみなされていた。氷河期世代への仕打ちはネグレクトされた。その後新自由主義をベースとした構造改革の波により社会を覆ったのは自己責任論だった。

そこへ今ようやく、国策の失敗でもある大学院重点化にロースクールのことが話題にのぼりだした。とはいえ、問題に光が当たったところで解決の方途が見えたわけではない。これらもネタとして消費されていくのが日本の心性なのだ。

そんな世論だから、社会や世間が規定する属性や定義はもはや相手にしなくてよい。たとえばニートという語が日本に紹介されたのは2004年。以後、該当者にはほぼ蔑称として使われ、キャリア教育周辺では「ああはならないように」という対象として語られてきたように思う。でも今は、当事者が積極的な発信もネット上にはあり、少なくともオルタナティブを掲げる層はかつての否定的な見方をそのまま信じてはいない。

海外や国内地方への移住、拠点をいくつも持つこと、ノマドワーク、モバイルボヘミアン、脱社畜、隠居、複業、システムを降りること、環境を変えることー。私はこのどれかにあやかりたくて動き続けてきた側面がある。これらは画期的なことなのだが、今日のモバイルツール、SNSの発達は、いやそもそもインターネットの最大の利点とは、世界のどこに居たって同じ関心をもつ人と交流できること、遠くの情報を取れることではないのか。

自分が何者であるかは自分が決めてよい。たとえブラック企業に勤めてようが、体制に組み込まれていようが、滅ぶのが確実な日本に住んでいようが。そこへ居ながらにして、自分が関心をもつ分野や対象や土地、人の情報をネットで得る。SNSで軽いやりとりをする。そうして実際に肉体を置く場所での生活と、身を置くことはできないが関心のある別の場所への発信は、自分にとって等価となる。身を置くことのできないその場所も、自分にとって確実に日常の一部だ。

だから、都会よりもずっとゆっくりしたテンポで、どこか的はずれな間合いの人々が住み、ビワの熟しだした街角を走る今の自分も好いものだ。

毎日何か一つ、一歩でも。誰とも置き換えのきかない自分の生を豊かにしてゆく術を磨こうと、最近では心がけているのです。

暮れゆく地元の休日から

f:id:iwakibio:20170528174046j:plain

河原はいつ来てものどかである。ただ川は干上がっていて、これから暑くなるのに水不足は大丈夫だろうか。

橋を行き交う車がにわかに急ぐ気配を見せ、休日の終わりを意識させる。ランニング、テニスをする人、ドッグランに集う人、犬を散歩させる人。鳥の鳴き声が増し、日暮れが迫っているのがわかる。

f:id:iwakibio:20170528174955j:plain


川沿いの道路にはアパートが立ち並ぶ。単身者向けのものも多いだろう。引越した当初は市内で部屋を借りようとしたのだが、仕事も有期で地元もいつまで居るかわからず、家族の反対もあって断念した。

あと数日で、帰郷4年目を迎える。その間進展したこと、良いことはあっただろうか。

震災後に始めた美学、哲学、形而上学、神学の勉強。Hans Blumenbergとの出会いはその延長であった。一回目の失業期間と同じく、語学学習を進めている。

貯金も昨年まではそこそこあったのだが奨学金繰上げ返済を急ぎ、今はほぼ余裕がない。実家暮らしだから飢えずに済んでいるだけである。

何でこんな誇れもしないことを書くかというと、同じく行き詰まった人の目に留まって何かの参考になればと思うからだ。8月末がたぶん今年の自分にとって一つの区切りになる
と思うので、その時まではしぶとく暮らそうと思う。

草むらに虫の声がする。違うだろうが蝉に似ている。六月末、木陰や繁茂の奥からジー…と湧くようなあの音、あれが夏の気配だ。

来月あたまには田植えが始まる。それを待つ早苗の群れは、夕陽に照らされて黄金と若草に輝きを増す。

季節は確実に動いている。同じ状況は良くも悪くも続かない。昨朝は今応募しようとしている求人の給与額を親に鼻で笑われたことで喧嘩になり(この歳で正社員はないし割に合わないし、あっても初任給なんて月収20万を下るのは珍しくない。それが高度経済成長を前提とする世代には解せないらしい)、自分の経歴と年齢と地元のミスマッチを呪いたくなったが、その親も永遠に生きはしない。介護してる祖父母も。

だから、私はその日までのらりくらりしぶとく生きて、会うべき人や行きたい所にまみえるまでしのいでいこうと思う。

ろくに災害も経験せず、為政者からの支配や抑圧も歴史上たいして経験していない土地でむきになることはバカらしい。明日からもまた暮らすこの地元と、どうすれば快適に渡り合えるのかその術を探すいわきびなのでした。

人生が変わるということ

f:id:iwakibio:20170526201331j:plain

職業訓練が始まった。久々の学校生活は何というか本当に「学校」で、教室に集い、先生の授業を聞き、タスクを一斉にこなし、授業の合間に規則正しく休み時間を設け、掃除当番まである。

近代から始まったこういう学校の制度やスタイルが合わない人はもちろん居る。そういう人たちは機会と方法を得れば独学するか、また学びたいスキルをもつ人の集まるコミュニティへ飛び込んでOJTかインフォーマルな学びで知識や技術を会得するのだろう。今はもう近代以降に自明・前提とされてきた制度や機関や心性や規範が崩れているのだから、そうした層には有利な面もある。ただし、学校という場がなければ学習機会にアクセスすることができないケースの人たちが一定数居ることは忘れてはいけない。


さてこの2ヶ月間詰んだ終わったとしたためてきた。雇用保険は心もとない額で、受講料は無料とはいえ保険加入やテキスト代や諸々の準備で何かと出費もあり、来月くると思われる住民税と国保の金額と奨学金返済を想起して息をのんだり、任意受験の資格受験料の高さに唖然としたり。それでも今日になってようやく解ってきたことがある。

私にとって前職とは、たとえば完成された壁のタイルやモザイク画の1ピースのようなもので、それが欠けたところで外観が多少損なわれる程度の欠損でしかなく、別の物で埋めても放置しても完成図の本質にはさしたる影響を与えない何かだった。

そんなふうだから会社を辞めたことをどちらかといえば自然に、乱暴に言えば軽く考えていた節がある。が、意外にそうでもなかったことがわかってきた。

前職はあれこれ問題だらけながら、まがりなりにも私に「世間並み」を裏づけ、世間一般の囲いに繋ぎ留める留め金のようなものだったのだ。それは前職が大事だとかかけがえのない社会的つながりの場だったなどという意味では、断じてない。

いろんな意味で「これまで通り」「現状維持」「変わらずに居ること」の象徴であり、そう在るための回路だったということです。

私は 「働き方、住まい方を変える」実践をしたくて、その試行錯誤を記録しておこうとブログを始めた。それは人生の軌道を変えることだ。そしてその実践は自分という絵の輪郭の一部だけでなく、像そのものを変容させる。だから、退職を機に全てに近い諸々のことがこれまで通りに行かなくなるのは当然のことかもしれない。今はまだ序の口なのかもしれない。

経済的にはヤバイ状態なので、何とか次の稼ぎを確保したい。でも辞めたことは全く後悔していない。県外移住はうまくいかなかったが、退職そのものは家族のいう「見切り発車」などでは全然なくて、むしろ早く自己都合で退社するべきだったという悔いのほうが強い。

そんなわけで、ほんの少し、この間の出来事を受け入れて気持ちを切り替えることができたかな?と思う。来月の今頃何を書いているかわからないが、つまずきも公開すれば誰かへのアドバイスになるかもしれないと思ってぼつぼつ記していくつもりです。

写真は近所の猫。家々の陰は人間の生活臭とは異なるたたずまいをたまにのぞかせてくれます。