読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわきび、森の明るみへ

四国の片隅から、働き方や住まい方を変えたく奮闘中。人生の時間比率は自分仕様に!

斜陽の国から

f:id:iwakibio:20170422215010j:plain

祝福を。写真は夕暮れと若葉。

相変わらずのいわきびです。待機期間は明けたものの、選考途中で止まっている地元求人からは連絡がなく、県外求人は落ち、4月も下旬に突入しつつある。今日はまた一つ地元求人へ応募。先週月曜は先月分の給与が振り込まれたので少しホッとする。

例の奨学金返済方法は、月賦のみへの変更を機構に伝え、申込用紙送付をお願いした。後日確認のため職員から電話が来ることになっていたがまだ来ない。申込手続きは、適用月の2ヶ月前に済ませることになっているため、早く手続きしたいのだが。

家庭も、とくに良いことは起きてない。祖父がまた入院・手術し、また親が付添をしている。

求人を見ながらつくづく介護求人の多さに感嘆する。今の高齢社会は人口コーホートの問題で、生産人口の絶対数に対して老齢人口が爆発的に増えていく。 新たに子どもが生まれても、その面倒をみつつ、何らかの形で高齢者のケアに携わることになる。生産人口以外の人口ー子どもや高齢者ーは、ケア・サービスを必要とするが、サービスの提供者ではない。介護や保育などケアを必要とする人は増えても、ケアを提供する側の絶対数が足りなくなる。高度成長で拡大した日本経済は、いまやその規模を維持するだけの労働力を確保できなくなっている。いま起きてる人手不足はそういう事象だ。

お金を稼ぐ人も、使う人も減る。お金が回らなくなり、経済規模は縮小せざるをえない。稼ぎたい働きたいと思っても育児と介護でフルタイムは無理、少なくともかつての「企業戦士」な働き方をできる人がいなくなる。人手をかき集めようと時給を上げようにもコスト削減したギリギリの予算では人件費に限りがあるし、経済規模が小さくなればやはりそれじたい難しくなる。

こういうことが、日本中で起きる。大都市でも地方中堅都市でも僻地でも。人手を必要とする側と人手を提供する側の比率がとんでもなく不均衡になる。AIやロボットなど技術化を進めることが上策のように指摘されるけれど、ケア労働が扱う対象とは不条理でかつ一枚岩でない人間の感情と、いまだ/もはや制御しえない身体だ。医療行為ともまた違う。はたして技術化の対象とするのは適切だろうか。

人手補充として移民受け入れは必須だろう。しかしこの差別と封建制井の中の蛙な人々の国で、外国人労働者を働かせること自体申し訳ない。そんな国へ、募集したからといってまともな人が喜んで来るだろうか。もう日本が買い叩かれる側の斜陽国だというのに。

もう一度記す。労働力不足は日本中で起きる。だったら、別に地元で生きても同じではないか。今日は初めてそう考えた。ここで生きて、また情勢が変わるまで読み書きと発信を続けて、ネットを通じて同じ志を持つひとたと交流する。国外もわやな情勢である。日本を出たから良いとかどうとかいう問題でもない。
ほんの少しだけ、ここで生きている自分を肯定する兆しが見えたような、夕方の散歩であった。

生産と消費、与えと受けとり

f:id:iwakibio:20170418202459j:plain

f:id:iwakibio:20170418202528j:plain

祝福を。

実はこのブログ、ほとんどがスマホからの投稿であり、写真の掲載や紹介したいサイトのURL貼り付け位しか自分で工夫する余地がない。情報の詳細、過去記事の引用、文字の編集など記事を自分仕様に編集する作業はやっぱりPCからでないとできない。

あれほどこだわっていた自分の机は愛用しているけれど、レジメを作ったり文章を書いたりという「生産」に関わる作業はあまりできていない。身の振りがいまいち定まらず(過日出した県外求人は今日書類選考で不可の連絡が来た。地元求人からは音沙汰なし)落ち着かないせいもあるが、前回の失業期間と違って金銭問題ゆえに夢も抱けない状況で失意に腐りかけているせいでもある。

スマホばかりでパソコンを使えない若い人がいる、と嘆く声をSNSでよく見る。困るだろうなあとは思う。スマホは便利だがあくまで消費の道具であり、自ら目的的意識的に何かを発信しようと思ったらパソコンからでないと無理だ。
だが、彼らの親世代は使えるとしたら仕事上必要でパソコンを覚えた人たちだろうし、当時はパソコンは高級品だったし、携帯、パソコン含む通信機器全般を贅沢品と思ってる人もまたわんさか居るし、そういう家庭に育ったらいったいパソコンの操作をどこで覚えるのか?スキルを習得する機会がそもそも一律に公的に保障されているのか?されてないならPC使えない若者は機会を奪われた被害者ではないかと私は考える。


ところで、生産と消費はそんなにきっちりとその境界線を引けるものなのだろうか。もの作りや、製品の製造、作品の制作なら比較的簡単かもしれない。労働は?お金を稼ぐ側と、ただ使うだけの側。これはハッキリ分けられそうだが、上客によるお店での消費は、良い品を選び、良い雰囲気を創り、善の拡散につとめ、その業界の健全な市場形成に貢献しているかもしれない。これは一つの生産と言い得よう。

生産と消費、産出と享受。やや拡げて、与えることと受けとること。一般に、価値をもつとされるのは後者より前者である。しかし、何かを〈つくる〉行為において常に先にあるのは後者の方ー「受けとること」の方である。人間が行い得る〈つくる〉とは、しょせん既存の何かに変化を加え、またそれらを組み合わせ、相互作用や化学反応によって、新たな別の何かを出現させることである。そのためにはまず、何かが〈在る〉ことを認めること、気づくこと、発見することが全てに先立つはずだ。

だから大切なのは〈在る〉(それがいつからか、という時間性の問題はともかく)を見出す力である。これまで在ったにもかかわらず、誰にも見いだされることなく埋もれていた何かを見つけ出すこと、それも他ならぬある特定の個人その人の、自己自身を通してでなければ見出されなかった何か。新たな、固有の世界はここにおいてこそ像を結ぶ。ゆえに、「受けとること」、人間の受動性が全ての起点だと私は考える。

むろん、その作品に形(言語なり画像なり表象)を付与し、発信するには技術が必要である。 何かが見出され、それが先在しなかった、新たな、価値ある何かであっても、発信されることなく泡のごとく消えていった、そんな作品は数多あるのだろう。

ただ、現代のSNSの発達と成熟は個人の発信を飛躍的に容易化した。毎日溢れるほど、発信者の眼や手や身体を経た文章や画像(これはスマホやデジカメのフレームを通して)が出回っている。イメージの氾濫。これ以上存在者を増やしてどうするんだろう、という気もする。

写真は先週末の河原。淀みのない、様々な時間の交差する一角です。

資金問題ふたたび

f:id:iwakibio:20170415160131j:plain

人生の時間比率は自分仕様に!
これを第一の目的に転職・移住・転居計画を企てたはずであった。

それが、何かもう何を選んでも自分の意図しない方向へコトが進んでいき、何が自分の望みかもわからなくなりかけている。

奨学金の返済。これはうまくいけば年度内〜1年半後に完済の見通しが立ったちめ今回仕事を辞めたのだが。

いわきびは日本学生支援機構からの貸与で、月賦と半年賦を併用している。繰上げ返済を繰り返してやっとここまで来たのだけれど、昨夜そろそろ今月の繰上申込をネットでしようとしたら、新たな問題に直面した。

月賦、半年賦がどういうものかは以下。

日本学生支援機構/割賦方法
http://www.jasso.go.jp/sp/shogakukin/henkan/houhou/kappu.html

奨学金ガイド/奨学金の返済方法(1)
http://www.syougakukin.net/repayment/method.html

奨学金の割賦方法/「アラサー男の奨学金返済日記」http://student-loan.hatenablog.com/より
http://student-loan.hatenablog.com/entry/2016/12/03/024021

このまま月々にできる限りの繰上げを続けていくと、あと数ヶ月で半年賦分の金額だけが残ってしまう。で、そうなると毎月の返済額が半年賦分なのか、それとも1月と7月だけなのか、繰上げは2ヶ月以上からなのか。月曜になったら機構に電話して聞いてみなければ。月賦のみにできるならその方が繰上げするばあいも融通がきく。

なので、結局今月の繰上げ金額は数回分とやや少額にした。もしかしたら県外への就活で旅費や引越費用がかかるかもしれないし、だいいち今失業中なのに手元金をそうそう減らすのは危険だからだ。

写真は河原の楠若葉。桜は散りかけですが、しかし人は皆その下でそれぞれのひと時を楽しんでいるようです。

静かなひと時

f:id:iwakibio:20170415004746j:plain

祝福を。路傍の寄植えです。イタリアンパセリとサニーレタスでしょうか。

雇用保険受給の待機期間中であり、かつ応募した事業所からも連絡が来ないため、動けない数日を過ごしている。待機7日間働いちゃダメなのはもちろんだが、選考の呼び出しを考えると旅行や遠出も躊躇が生じ、バイトの応募もできない。何とも中途半端で落ち着かない。まとまった時間があるのかないのか、机に向かってもなかなか集中できていない。そんな時に派遣登録した際使用可能になったeラーニングでスキルアップ講座でもやったら良いのだが(1セッション5分以内のものからあるんだし)、ちょっとそういう気分ではない。

そんな中両親は介護で忙しくしている。台所や風呂場はそんな両親のために優先的に空けておかなくてはならない。出払ってしまえば静かな家の中に、独りでいるとやはり時間の停滞を感じる。

玄関の外で、鉢植えの花ガラをむしる。近隣の家はもうリタイアした年齢の方が多く、私とたぶん同年代の人も住んでいるもようだがどうやら夜勤有りの仕事らしく朝早く帰宅される。平日昼にあまり家の周りに姿を見せたくないのだが、でも考えてみれば朝起きて午前中は自室の窓を空けているし、そこから臨む山や温泉街もなかなか面白いし、当たり前ながら街中の仕事場とは全く違う時間が流れている。

この街は、時に禍々しいくらいのどかだ。どんなに凄惨な事態が水面下で起きていようと、表面上は溢れる日射しと柔らかな草花の中で丁寧な暮らしが紡がれてあるように見える。

結局、もう何度もひもといた最愛の哲学書を通読する。ここから先へ進まねば、と思うけれど、読み通した後何もまとめていない文献がいくらもあるし、そういうやりかけのものに着手するのに良い時期なのだろう。

寝床で書いていたらこんな時間になった。みなさま良い週末を。

ある求人のこと

f:id:iwakibio:20170413195808j:plain

祝福を。

このところ、自分の持ってる資格を生かせる(応募資格にその資格所持が条件になっている)求人に応募している。今日も県外で2件ほど見つけ、うち1件は土曜必着なので早速応募した。それで今日の午後は書類作成で終わり、郵便局の夜間窓口で提出を終えていまひと息。

それにしても、いま4月半ばである。この時期ってふつう入社式してるか、来年度4月採用の応募を新卒者向けにかけてるか、臨時や契約の募集をするかではないのか?という思い込みが私にはあった。こんな時期に正社員や要資格で給与そこそこの契約・嘱託の募集をするなんて、ブラックか、何か事情があって人が辞めていくかワケありなんじゃないだろうか。

でも、ひと月位遠ざかっていたその資格の全国求人を見ると、この時期どんどん“new”がアップされている。わからないものだ。しかも非正規でも契約職員で月給16万以上とか賞与ありとか、それだけ見ればかなりの好待遇である。なら、応募しない手はない。雇用保険はあくまで次の就職のためだし職業訓練は申込後に就職決定したら辞退も退校もOKだし、応募しないことには可能を現実にする手立てなどないので、動いてみる。書類選考で落とされる可能性も大だし、秋から転職活動を始めて最終選考進出もサイトから応募も含めて不採用だった数はたぶん両手足の指超えるのでは?でもそんなもんです就活なんて。

今から7年前、長い学生時代に終止符を打つべく、新卒者がやる就活の中身も解らず、同世代と「足並み揃えて」ではないスタートから公務員試験→教採(主に私学)→上位免許取得→他学部で単位取得と、曲折も経て進んだ頃と比べたら選択肢がある(自分に応募可な求人がある)だけで救いに思える。

昨年、はてなではないブログで、長い間フリーでイラストの仕事をしてきた女性が39歳で福祉職員へ転職したことを知った。人生何がどう転ぶかわからない。何が強みで何が弱みかも情況しだいで変転する。

まあ本当にどうなるかわからないけれど、決まりそうだった二週間前派遣の仕事の報告をした時は白けた態度で拒絶と無関心を示した親も、これら求人の話には何だか色めき立った様子なのをみて、田舎の人はつくづく十五年位前の古い幻想世界を生きてるんだなあとか、反応を面白く感じている。

何で親に話すかというと前に転職なり移転なりの構想を家族に相談しないことをネチネチ咎められ、これがアパート契約の保証人問題に響くことがわかったゆえの伏線である。なるべく核心は言わない。仕事はたかだか賃労働、生涯の仕事のことは、激昂してもなるべく漏らさないように、と思っている。とにかくしぶとくやりたい。

写真は芽吹いたモミジバフウ。あんな小さな芽でも、世界を把持しようと懸命な様子です。

いわきび、待機期間中へ

f:id:iwakibio:20170412164604j:plain

f:id:iwakibio:20170412164633j:plain

祝福を。

昨夜帰宅すると離職票が届いていたので、今日は雇用保険の手続きに行ってまいりました。

懸念していた給付制限は今回なく、7日間の待機期間を終えたらすぐ受給できるもよう。
手続きはあっさり終わり、あとは今月下旬の雇用保険説明会に参加するだけとなった。


その足で、すぐ役所の国保年金課へ行き、年金の免除申請をした。

国保とちがって国民年金は「失業=収入がない」状態であれば免除申請ができる。退職理由は関係ない。自己都合でも会社都合でも、とにかく離職を確認できるもの(離職票、orそのコピー、or雇用保険受給資格者証)と年金手帳、マイナンバーを確認できる書類を窓口で見せればOK。免除とはいえいったん国民年金への加入手続きをしたことになるため、先に納付書が家に送られてくるがこれは無視してかまわない。追って免除の通知が届くという。

役所を出るともう何もする気がしない。考えるのも嫌。自転車をこぐ足は河原へ向かい、やがて市外へ。冒頭の写真は河原と馬小屋。

麦畑。
f:id:iwakibio:20170412202117j:plain

河口から浜辺へ連なる一帯。
f:id:iwakibio:20170412202309j:plain
f:id:iwakibio:20170412202404j:plain

水鳥が波打ち際で羽をばたつかせる。

夕陽に向かって自分と世界との一体化をめざそうとするランナーがいる。

バケツと虫取り網を下げて無心に歩く子ども。

今年限りの桜を収めようとスマホをかざす女性。

犬を散歩させる男性。

散りかけの桜が連なる沿道の内側は工場が稼働している。

いくつもの時間が交差する浜辺。

ふだん行くことのない海辺を散歩する機会が持てて、こういうひと時も悪くないなあと思うのでした。

古巣眺めて

終日雨で底冷えのするなか外出してきた。いくつか応募中である案件の、いわば予習のため。

神社の沿道も学園構内も桜が盛りである。散りかかる花びらと、わずかに吹き始めた若葉の下を、若い学生さんたちが歓声をあげて通る。サークル等への勧誘を兼ねたコンパもこの時期なので、春の嵐みたいな今夜でも街の飲食店は賑わっているのだろう。

私が大学生だった頃、学生の私生活やコミュニティというのはもっと猥雑で生活臭があって、放埓で、堕落とワンセットで、ドロドロしたものだった。サークルや同好会などの学生コミュニティには悪しき体育会系文化をそのまま再生産しているものもあり、なるほど今でいうブラック企業の成員としてうってつけの人材を育てる場だったのだなあと感慨深い。アルハラあり、文系でも体育会系のノリと企業文化の縮図ありで「昔は良かった」などとは決して言えたものではない。

留年者はゴロゴロいた。 そうなると郷里の親も怒って仕送りを止めるので、5年生以上は大抵バイトかけもちで生計をつなぐ。 休学者もけっこういた。不本意入学者も多かったし、生活や将来への疑問や人間関係の行き詰まり等々が重なって「引きこもり」状態になってしまう人もいる。

でもそれらは皆、学生時代という期間に特有の、大学というコミュニティが始まって以来もともとあったか切り離せない問題群として認識されている様子だった。私が学生だった当時なら、その認識も間違いではなかったろう。私の3学年ほど上の世代ならどんなにハメを外して留年しても、新卒一括採用レールに乗れれば職業人生をスタートできた。学校から社会への移行の受け皿は、何だかんだで今より機能していた。しかし、そう見えるのは表向きの規範であって、実際は既存の枠組みからこぼれ落ちる人は当時もいた。

失われた二十年といえば話は通りやすいのだろうか。心身を疲弊させる就活、その果てに入った職場で過労から精神疾患を発したり、自殺したり、退職して次の行き場が無かったり、そういう人たちは確かに居た。当時の周囲の「社会人かくあるべき」の圧力、非正規雇用への蔑み、精神疾患への無理解、SNSの未成熟を併せると、時代の雰囲気からもその苦しみはどれほどだっただろう。

ひるがえって現在、若い世代の貧困や労働問題はもはや日常化し、高度経済成長前提の働き方やライフコースなどは若い人たちにとって相対化する対象となっている。働き方や雇用をめぐる状況は何一つ良くなってはいかいけれど、そういうおかしな体制、システムから離脱する回路や受け皿は2000年代より増えたといえる。

若い学生さんたちには、自分をとりまく社会や学校や親、バイト先、その他制度や常識をどんどん相対化してほしい。現行社会に参加に値する価値なんてないと思っていい。税収と労働力と保険料を巻き上げたいだけなんだから。。
そして、おかしなことから離脱した人の受け皿を増やすこと、別の価値観やコミュニティとつながる回路を作ること(これが地方では本当に難しい)を、私の世代はしてゆかなければ。

雨夜の枝垂桜を見られて、人生こういうひと時もあってよいなあと思ったいわきびでした。