いわきび、森の明るみへ

四国の片隅から働き方や住まい方を変えたく奮闘中。既定路線から降りても研究と執筆を開花させるには?人生の時間比率は自分仕様に!

非正規雇用は潜在的失業者である

 今月に入ってから何度かハローワークを訪れている。求人応募先への紹介状を出してもらうためだ。応募したい事業所の求人にいくつかあった不明点をハローワークを通して確認してもらい、応募してよいか事業所から許可をもらわないと紹介状を発行できないという。

 

 煩雑だな、とは思ったがそういうルールなら仕方ない。これも応募したい求人がたまたまハローワークの紹介状を必要とするものだったからで、職安経由の求人とはそういうものと割り切っている。

 

 だが、やっぱり色々と思うことはある。

 

 一つに、県外への応募に対して窓口担当職員があまり良い反応をしないこと。

 まあこれはリスクを伴うことではあるし、現実的でないのも理解しているけれども、自分が納得して前へ進むために必要なことなのだ。来年度の今頃オロオロ動き回っても今より勝率が高いとは思えない。年齢のこともある。オリンピックの後景気が一気に傾く可能性もある。今のうちに動いて応募先の反応を確かめ、ダメなら方向転換するためのプロセスだ。

 

 いま一つに、在職中に使えるサービスが殆どないこと。

 職業訓練は基本、雇用保険受給者が対象(求職者支援訓練はそうでなくても対象となる)。だから先月は施設・コース見学だけ行ってきた。

 わかものハローワークでの個別相談も基本的に雇用保険受給者(つまり現在失業中の人)が優先だそう。

 

 もちろん、在職中から就活するなら転職サイトで求人を見てエージェントと相談するのが最適だろう。スキルを習得したければ民間のスクールや通信講座ほか選択肢はある。ハローワーク公共職業安定所として限られたサービスを提供するだけだ。そうわきまえてはいるけれど、そこにはやはり制度的・慣習的に根深く張りついた前提がある。

 

 それは、「一つの就業先だけに所属し、そこだけに帰属意識とロイヤリティを持ち、全生活局面においてそこで与えられる仕事だけを優先せよ」、

あるいは「すでに一つの所属先で働いているのに他へ目を向けるという二股はケシカラン、今いる会社で与えられた仕事「だけ」に尽力し、そこと縁が切れてから他を当たれ」とでも言う考えだ。

 

 職員の反応に時おり薄々感じるのは、「一つの働き口に、不満があろうがブラックだろうがとりあえずブッ込んでおけばいちおう就労者とみなせるんだから」という態度だ。ダブルワークや副業を許さない会社の本懐もこれだろうか。

 

 たしかにそうやって日本型経営は繁栄をきわめた。だがそれは過去の話だ。新自由主義改革の趨勢で国内労働者の4割を占める非正規雇用者はそんなこと考えていられない。

 

 賃金が低いから一つの仕事だけで食べていけることが当たり前ではない。

 非正規雇用はつねに契約更新の懸念を抱えて働いている。一年ごとの契約なら翌年クビを切られる可能性もある。契約更新の回数が決まっている場合、何もしなければ契約終了後は失業者となる。

 私を含めた彼/彼女らにとって、就業と失業の境界も不明瞭だ。非正規雇用潜在的失業者なのだ。

 

 いまや、労働と非労働の線引きも難しい。労働の対価として賃金が得られるはずの仕事を家庭内外でタダ同然に低く見積もったり、逆にこれまで私的領域において無償で担われてきた家事労働やケアを破格の低賃金ながら市場化する動きもある。

 

 雇用や労働に対する前提を意識して見直さなければなあ、というのがこの数ヶ月の率直な所感である。

 

 

それぞれのセカンドキャリア

 年度末につき、周囲では人員の出入りが知らされ始めた。現職でも家族の職場でもとりわけ印象深いのは、定年退職の手前で早期退職し、かねてから暖めてきた第二のステージを歩みだす人たちだ。

 

 一人は、若い頃からの夢だった農業を山間部の一軒家で始めるそうだ。この20年ほどもてはやされた新規就農や移住支援をうたう支援策も横目に見ながら、月イチ〜週末に現地へ通い、地域でつながりを作り、農地を借り、販路の見通しもつけたという。

 

 いま一人は、ひとり親として頑張ってきたが子どもが独立し自分の未来を考えたとき大好きな料理の技術を生かしてお店を開く、という選択をした方である。長年飲食店のパートで働いてきたが、60歳を過ぎると賃金ガタ落ち・それも65歳で終わりという展望のない働き方ではなく、体力の続く限り自分でお店をやりたいとのご判断から、自宅を改装し店舗調理場として小さなお弁当&お惣菜屋さんを始めた。

 

 

 いずれも、けっこうな準備期間があった。お弁当屋さんの方は、一年半ほど前からたしか週末だけ開けて、お客さんの入りやメニューの反応を見つつ、平日はパートを続けていた。農業をやる方も、長年家庭菜園で試行錯誤し、実際に実現に向けて動き出したのはこの三年ほどだという。

 

 資金繰りや採算合わせ、先の見通し、不安定な経済、自分の体力、家族や周囲との折り合い、ダメだった場合どうするかー。懸念は尽きないだろうし、リスクは次々と湧いてくる。それでもご本人たちは踏み切ったのだけれど、残念ながらそれを良く思わない人も周囲にはいる。

 

 妬みもあるんやろうなあ、と農業の人は言う。ご自身の選択を周囲に告げたとき、褒めるせよ貶すにせよ何らかの嫉妬心が多くの中年男性にはあるとその人は感じたらしい。

 

 自分もやりたいことがあった、だが家族と生活のために下げなくてもいい頭を下げて、組織に従って勤めを続けながら今に至る、それなのにアイツは好き勝手をしているー。

 

 こういう感情は歳をとっても尾を引くらしい。そして何かの折に胸中にしまっておいた忸怩たる思いは頭をもたげ、酒の席などで時として意外な発言として口にのぼる。

 

 無責任、という言葉を吐く人もいた。それは今勤めている組織に対してであるだろうが、しかしそう言う人が組織の未来を考えながら働いているとはあんまり思えないところが面白い。

 

 もちろん、リスクはある。

 FTAで日本の農業は壊滅的な痛手を受けるだろう。

 高齢女性が一人で飲食店を切り盛りするのは歳を経るにつれ厳しいだろう。

 経営する側の体力以上に、買い支える消費者の側が高齢化と貧困化でまともな食を口にするのが難しくなる時代である。

 

 でも、これだけは言える。

 

 どんなに資金や時間、体力が潤沢に与えられたとしても、人間は望まないことをわざわざ行動に移さない。逆にはたから見てどんなに危険に見えることでも、本人が望むならその人はそれを選ぶ。意志あるところに道はあり、とはこのことだなあとこの人たちを見ながら思う。

 

 ともあれ、年金制度の解体等々で定年退職という制度じたいがあんまり機能しなくなる労働環境が迫っている。内需は減る一方でガラパゴス化するこの列島で各々が問うべきことは、

どうすれば自分の納得いく生き方ができるか?である。年度の変わり目に新たなステージを歩む人たちに、心から声援を送りたい。

 

精神的なことは物理的なこと

 寒風のなかで飲むコーンスープは美味しい。

月・金は19時まで開いているハローワークを出て、自販機で買った缶入りコーンスープを外で開けて飲んだのが先々週の月曜夜である。

 

 実は、12月の職場面談で、雇用契約の期限を入職当初書面で提示した最大4年までと思うようにとの話を受けた。現在3年目なので雇用期限は21年3月末までをメドに進路を考えるようにとのこと。完全にこの期間でクビとも断言できないが、いまそれを言われるのだからやっぱり雇用はこの時までと思うのが妥当だろう。今年1年間はいわば執行猶予みたいなかたちで、仕事はある。

 

 この最大4年とは無期転換制度との関係でもうけた年数で、私以外の他の非正規雇用者は制度成立から最初の5年目をもってすでにその年数に該当するため無期転換できたが、今いる非正規雇用全員を無期にするのは難しいため、等々の説明があった。

 

 要するに非正規に対してよくある契約期限の説明である。

 

 よくあるし、私自身はいずれ地元を離れるつもりでちょこちょこ求人応募もしていた。だが、年齢や経歴からして県外転職は厳しいなあと考えてた矢先のことであり、何より昨年の面談では4年たったからハイサヨナラ、とはならないという説明を受けてそれをメモしてあることを振り返ると何か納得いかない気分で、先月半ばに上記を言い渡されて年末年始はかなりの悲痛と落胆を味わう時間となった。

 

 家族には言ってない。地元と遠方の、ごく限られた友人にしか伝えていない。

 

 自分が現職に不向きなのは解っている。

 

 自分でもずっと居ることは自分にも職場にもあんまり良くないな、とも思ってきた。

 

 ただ、入職当初私には高額の奨学金負債があり、一昨年完済できたあとも到底次のステップを踏むだけの蓄えにはほど遠かった。それでもこの短期間で経済的余裕を何とか作り得たのは非正規としてはかなり好待遇の現職収入があったからだ。それには感謝しているけれど、これが足かせになるならもう離れてよいということだろうか。

 

 実際こんなことでもなかったら本気で地元を離れ転職するインセンティブもそうないので、ある意味ではチャンスかもしれない。そんなふうに考えられたのは年が明けてから。目ぼしい求人を探して数件応募し、いま一つ結果待ちである。

 

 私もこれまで何もしなかったわけではない。年末年始は昨年からやってた通信の授業と課題をこなし、求人応募書類を書いて(断続的に応募して書類のアプデをしておいて良かった)、別の転職サイトに登録し、今年の時期ごとの優先順位を決めた。ハロワに登録し直し、職業訓練校の見学説明会に行き、同様のスキル習得目的で民間スクールを調べ説明も受けた。そうやって動きながら、徐々に活路になりそうな方向を探れている。

 

 

 悲壮な気分というのはこの時期とくに助長されやすい。冬で、年度末特有の多忙さ不安定さに溢れ、退職・転勤・転職で人の入れ替りがある。この国の会計年度の決まりがそうなっているだけのことだから、あとはとれる範囲の選択肢を見渡して対策の先手を打つ。身体を温めるという物理的なことは、悲観的になりやすい気分、精神的な問題の悪化を食い止めるのに役立つ。これと同じで、メンタル疾患や自殺等の問題は、雇用や賃金や社会保障、最低限の身の安全を守るための衣食住の有無や多寡に左右される。

 

 最低限の物理的インフラさえ壊れた社会では精神論など空疎なだけ。大人がやるべきことは、皆が人たるに値する生存ができる物理的条件の整備である。「ものづくり」は本来そのための工学を指すはずだ。

 

 あとは、変な空白の時間を作らないこと。不安やネガティブな感情は、多忙な時間の間隙を突いてささやかなひと時にさえ入り込みその人を苛む。息抜きの時間にはなるべく意識して楽しくリラックスできることをしたり考えたりしよう。

 

 制度も市場も私的領域も、人間が作ったもの。人の力で変えていけるはず。先の見えない時代にあって、そんなことを考えながら毎日過ごしている。

 

 

 

 

 

街の動脈を歩く

 先週明けから、落ち着いていたはずの右足指がにわかに痛み出した。整形外科でのレントゲン撮影からは、骨折患部は7割方くっついているため添え木の必要はなく、湿布をしてもらう。

おそらく自転車再開と屋外作業に伴う動きすぎ、軽い飲酒によって痛みの閾値を超えた炎症反応では?という見立てを薬剤師さんからもらい、それがどうも当たっているみたいだ。湿布でだいぶ楽になり、この連休はなるべく安静を心がけてわりと良くなった。ただ湿布はモーラステープなので日光に当てないよう注意をしっかりしている。

 

 それでも金曜日、とくに夕方から降り出した雨の中、どうしても本屋へ寄りたくて駅前で電車を降りた。目的の大型書店まで駅から徒歩2、3分ほど。健康な人ならすぐ行ける場所が、足をかばいながらだと5分強はかかる。書店を出て駅まで戻る道はもっと大変で、本降りの雨の中傘をさし、リュックと手提げ袋を携えてゆっくりと歩く。

 

スクランブル交差点を渡り終えた途端、立体駐車場から車道へ出ようとする車に出くわす。急いでその前を通り過ぎようとするも、実質足を引きずった歩き方では敏捷な動作ができない。どうにか通り去るも、つぎは駅前の横断歩道から街中へ出てくる人たちと、駅へ出ようとする人たちが入り乱れる狭い歩道だ。

 

  足腰の不自由な人にとって、人混みはかくも危険かつストレスフルなものかと愕然とする。

 

 傘をさし、足場も悪い中ぶつからずに歩くのは至難の業だ。急ごうとすると、どうしても身体に無理な動きを強いることになり、患部の再受傷や別の部位を傷める可能性がある。

 

 人混みはそれ自体固有の速度を持っている。その速度や流れに応じて歩かなければ、滞りが生じて遅れる本人も周囲も危険だ。ここは小さな地方都市で、私鉄は三線の在来線と路面電車とバスを有する一社のみ、自家用車ほぼ必須の街だから、首都圏や関西大都市圏よりは混雑も速度もはるかにマシだろう。にもかかわらず、退勤ラッシュ、週末、雨という条件下の街中心部の駅前は、小さくても街の流れを形作る人の動きを実感できる。人波の滞留しやすい場所か、足早に通り去る場所か、人々が昼食を買いに殺到する場かくつろぐ場か、酒の入る場か、ダイヤの乱れがちな公共の乗り物を待つ場かー。

 

 こうした人の流れは都市計画である程度調整できる。都市は人間が造るものであり、その場固有の役割や流れを作ることで、公私にわたる人間の活動を十全に引き出せる。地元はべつに駅を中心に発達した街ではないはずなのに、駅前の一角は街の動脈と化していた。

 

 これから車の使用をやめる高齢者が増えるなら、公共交通機関は車内環境、動線、本数、乗り換えダイヤほか精緻な工夫が必要だろう。快適な私的空間たりうる自家用車を離れ、あえて公共の乗り物に切り替えるには、まず歩くペースや時間配分を乗り物に合わせる必要がある。停車場で隣り合う人との距離、車内に乗り合わせる人のマナー、人いきれ、汗のにおい、風邪やウイルスの漂う空気や手すりやつり革。これらをどう緩和し、相互に快適な環境を作り出すのか。

 

街の動脈を自由の効かない足で歩きながら、「街の足」は文字通り身体にねざしたセンシティブな生き物として考えなければ、としきりに思うのだった。

 

f:id:iwakibio:20190923114916j:image

 

 

 

チャリの景色、クルマの景色

  先週月曜から自転車通勤を再開した。それはよいのだが、炎天下の自転車こぎをあんなにキツく感じるとは思わなかった。自宅から職場まで、直行だと30分弱はかかる。行きも帰りも汗だくで、今まで当たり前に乗っていたことを不思議に思い、体力の低下に驚いている。足指骨折から2ヶ月が経つ。患部は順調に回復しており、通院も2週間に1度となった。患部をスポンジでしっかり固定すれば自転車乗りもOKと医師から許可をもらったのでそうしたのだが…。

 

 自転車と自動車では同じ通勤路でも見える景色は全く違う。移動手段のちがいがもたらす都市景観の経験の差異については、東口豊「都市景観の相対性理論ー移動手段の多様化によるイメージの変容」(西村清和編著『日常性の環境美学』2012年所収)に詳しい論考がなされている。

 それは第一に速度のちがいに起因するだろう。自動車は速い。空いている道路だと一直線に目的地へ向かえる。自在であることの快適さはまさにこういう時に味わえる。ただし速ければ速いほど、その景色は視野の広いもの、前方から見通しを中心としたもの、目立つものに特化した大味な輪郭として現れる。

 

 一方自転車は速度では車に劣る。動力源がエンジンとガソリンの自動車とちがって、基本乗り手の体力だ。その代わり、車なら決して目に留まらない光景を捉えることができる。職場まであと数百メートルの地点にある在来線の線路沿い土手には、フェンス越しに満開の空色朝顔ヘクソカズラの群生がある。もう少し経つとセイタカアワダチソウやススキが伸びてくる。手前の、土手を利用した小さな畑と併せて広がるこの自然の風景は、車なら決して見ることができない。歩道をあの速度で走るからこそ目に留まる一枚の絵だ。ほかにも民家の軒先や窓の様子、庭の植物や田畑の育ち具合を仔細に観察できる。自動車では一瞬で通り過ぎる点、または自動車から見える風景の輪郭をなす一点が自転車では立派な一枚の絵として立ち現れる。

 

 第二のちがいは、景色を知覚・表象するために用いる感覚器官である。自動車に乗る人は四方をフロントガラスに守られている。車内の者は周囲の情報や影響を直接的に知覚することは少ない。このため自動車から望む風景は視覚中心になり、聴覚、触覚(外気を直接浴びることはほとんどない)、嗅覚はあまり使わない。かつ目的地や見たい対象のみに特化した近づき方ができる。そんな中冷房をきかせてカーラジオをつけ、あるいは好きな音楽をかければそこはもう立派な私的空間となる。マイカーにこだわりを持つ人、車を手放さない高齢者の心理はこの私的空間としての自在性への愛着、また自分らしさの反映が可能なことにあるように思う。

 

 これに対して自転車では、通る路面のあらゆる情報を直接的に知覚する。視覚以外の感覚もフルに用いられる。青葉の影も紫外線も、開けた場所の風も埃も、フロントガラスを通さずすべて自分の肌に降り注ぐ。路面の凹凸もペダルを通してじかに身体に伝わる。草むらや並木の葉擦れの音、遠方の工事音、夕方の店の活況、道行く人の話声も時折聞こえる。あるエリアでは異臭、疲れ切った表情、そのオーラ、道にただよう雰囲気そのものの中へ突っ込んでいく。とはいえ、歩くより速度が速いので脱けるのもすぐだ。道一本挟んで向かい側へ、また一本でも別の通りへ入れば別世界、という経験は自転車だと鮮やかにできる。とはいえ自転車の動力源が乗り手の体力である以上、自転車から見える風景には天候と、本人の体調を含むコンディションが反映する。水分補給のためだけにコンビニで飲み物を買い、駐車場でキューっと飲み干し、ふたたび自転車で去っていく自転車乗りは多い。

 

 ところで自動車は渋滞にハマるとにっちもさっちもいかない。自在な私的空間は、この物理的な制約ゆえに運転者の意思ではどうにも制御できなくなる。そういう時自転車は小回りがきく。トイレも水分補給も乗り手の判断でできる。自転車と自動車、どちらの自在性を選ぶかという自由や選択の余地は、ただ若さや健康によって左右されるのだろう。

 

平日と休日のあいだ

 夏休みを頂いた。7〜9月までに3日消化しなければならなくて、その2日目を今日にした。

 

 わが家は多忙である。県内市外に住む入院中の祖父を看る&祖母を歯医者へ連れていくという用事のため、父は8時前に車で出発した。寝床から何となく物音を聞いてそれを確かめた私が階下へ降りると、ダイニングで母がコロッケを仕込んでいる。先週末は土曜出勤後友人と会うために出かけ、夕方祖父の病院へ泊まり介護、月曜朝帰宅してその夕方から仕事へ出てきた母である。今朝は朝食の片づけ後、油で汚れたガステーブルのゴトクを外して重曹等で洗い、冷蔵庫に丸ごとあるキャベツとレタスをほぐし千切りにしてタッパーへ詰め、コロッケの具を拵えて卓上でポータブルTVを見ながらコロッケのタネを丸めているというわけ。

 

 ちょっとは休めばよいのに性分なのだろうか。衣をつけて冷蔵庫へコロッケをしまったら今度はスニーカー3足を洗いに帽子もかぶらず裏へ行ってしまった。ほどなくして戻ると今度は職場仲間からのLINEを確認して、今度人生の節目を迎える同僚へのお祝いに関することでやりとりを始めた。それが昼前だから、この3時間強後に彼女は仕事へ出かける。

 

 母は、まあとりわけ強靭なタイプだと思う。こんなことをすべての人が出来るはずもなく、だから世の中は人手不足と偏った役割分担に悲鳴をあげる人倒れる人続出で、昭和レジームの建前はもういい加減維持できなくなっている。そこへ賃金上昇を骨抜きにする消費税増税と、要介護1,2の給付外しと走行税実施がもし行われたら、もはや地方で自立して生きられる層は壊滅するだろう。

 

 日々の暮らしは、「ながら」の連続だ。洗濯機を回しながら台所で湯を沸かし、水切りの食器を片づけ調理をする。子どもに注意を注ぎ声がけをしつつ膳立てを整える。仕事をしている時もその最中に前後にある準備と後片付け、フォローを考える。

 

 ある行為と別の行為の切れ目はそんなに明瞭なものではない。純粋な意味で「何も考えずに」行動するなんて、実生活では案外できないのだ。母がお祝いする同僚もじつはシングルマザーで、定年後本格的に自分のお店を開きたいと前から考えていて、まだ勤めを続けているうちにその前段階を兼ねて店を始めるのだという。人生百年時代に皆、自分の先行きを懸命に考えている。

 

 子育てや介護をしている人にはもっと顕著で、自分だけの時間や、自分のことだけをできる時間はあってもごくわずかだ。自己と他者の領域が、時間が、複雑に、緊密にまたは緩やかに絡み合って作られるのが日々の暮らしである。

 

 仕事が休みでも「休み」じゃない。職場に行かなくてすむだけで、家の用事や仕事以外の領域で相互乗り入れを繰り返す、と共にひとつの時間にいくつもの行為を同時進行でやるのが現実だ。

 

 だから、働き方も8時〜17時土日休にこだわる必要はない。祝日をやたら増やし、限られた日にみんなが一斉に休む、というスタイルは現実に不適合である。戦後高度成長期につくられた

「人生の中でこの時期は学業だけ、この時期は仕事だけ、または子育てだけ、リタイアの年齢も横並びで決めてそこから先は働かない」というライフコースも、一人の人が仕事「だけ」、子育てや家事「だけ」を担う分業も、いまや機能不全かつ機能させる条件が成立しない。そんなわけで、誰もが休みたい時に分散して休める働き方が、超高齢社会で子育てと介護を同時に担うダブルケアが増える現代には必要だと思う。

 

 「ボランティアであり学生である、会社員であり学生である」ー、放送大学のポスターを見ながらこれからは一個人がいろんな役割を生きる時代だなあと痛感する。学生であり労働者である、労働者であり家庭人である、労働者である一方消費者でもある、親でありまた子でもある、一人の人間にはさまざまな属性が絡み合う。

 

現役もリタイアも、学校から労働への移行も、平日も休日も、キッパリ分けないで人それぞれの関わり方で生涯を生きる。それが、どんなに日本が零落しようと個人が前向きに生きていく条件を見すえる第一歩なのだろう。

 

散歩道から

 晩夏にさしかかり気温がマシになった。足指の骨折がだいぶ回復して少し長く歩けるようなので、夕方散歩に出た。

 

 カボチャの葉。畑からフェンスに巻きついて空へ蔓を伸ばす。

f:id:iwakibio:20190825180142j:image
f:id:iwakibio:20190825180138j:image

 

 ザクロの実。白壁と夏の緑が映える。

f:id:iwakibio:20190825180333j:image

 

 あるお宅の生垣。ブルーセージ、トケイソウゼラニウムの静謐。

f:id:iwakibio:20190825180551j:image

 

 ある畑のゴーヤ。背後はキウイ畑。

f:id:iwakibio:20190825180751j:image
f:id:iwakibio:20190825180754j:image

 

ゴーヤと赤紫蘇のコントラスト。

f:id:iwakibio:20190825180839j:image
f:id:iwakibio:20190825180843j:image

 

 別の畑にてオクラの花、サツマイモの葉。

f:id:iwakibio:20190825180942j:image

 

 畦道のたぶんヒルガオの蔓とテイカカズラ

f:id:iwakibio:20190825181032j:image

 

 ある塀より垂れ下がるゴーヤの熟した実。

f:id:iwakibio:20190825181146j:image
f:id:iwakibio:20190825181149j:image

 

 ざっと20分強の散歩で得た光景たち。植物はいつもその時々の姿をたたえるだけで美しい。置かれた時間の中でその過程ごとの姿形を精一杯実現するだけで絵になってくれる。寄せ植えのコントラストも日差しや季節ゆえの枝ぶりも、ある条件下に偶然成る一瞬であるにもかかわらず、命を十全に生きるプロセスがそのまま無比の作品となる。

 

 散歩はこれだけの豊穣さをもたらしてくれる。あとは無理をせず、ゆっくり時間にまかせて足の回復を待つことだ。