読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわきび、森の明るみへ

四国の片隅から、働き方や住まい方を変えたく奮闘中。人生の時間比率は自分仕様に!

いわきび、レールの外へ

f:id:iwakibio:20170310191828j:plain

f:id:iwakibio:20170310192219j:plain

祝福を。写真は昨日河原で眺めた夕景です。

職場はいよいよ引継ぎと次年度に向けた分担見直しのモードに入った。いわきび含め今月末で辞める人の穴埋めに募集をかけ、去る人が担当していた業務の引継ぎ、その前に誰に引継がせるか、引継ぎの時間をいつ確保するかを決めるところ。だが、人の絶対数が足りないのだから何をどう見直したって、抜本策にはならない。それどころかこれから年度末、繁忙期に入るのにヘタにやり方を変えて混乱して誤りが出たらその損失は大きい。だいたい正社員でも非正規でもその人しか担当業務をできない・代替がいない体制で自転車操業をやってきたツケがいま来ているのだ。

人手不足。

今までの私はこれを、飲食店、運送、介護の業界だけの問題だ思っていた。きつい労働であるにもかかわらず社会的評価が低いとか、体力的な問題から歳をとれば辞めざるをえないとか、業界じたいがブラック経営でなければ回らないとかそういう職種で起きていることだろう、と。

だけど、ちがう。人手不足は様々な業界で起きている。そのひずみは、コスト削減で人員もインフラもカットして、あげく現場が回らなくなって事故とかトラブルとか不祥事とかが起きてやっと明るみに出る。その頃にはもう現場はボロボロに疲弊した人間ばかりで、せめて人を入れてくれさえすれば、という単純な要望さえ入る余地がないほど歯車が歪んだまま暴走している。

ちょっとふりかえれば現代は、人口の絶対数が減って、介護を(人の手を)必要とする世代は増えて、生産人口はそれよりはるかに少ない。家庭にせよ地域にせよ職場にせよ、親や祖父母の世代がそこそこの人数で回せていたことを、技術の発達やコスト削減を言い訳にそれより少ない人数で回せというのはたんに暴力ではないか。そのうえ「子どもを産め」「介護をしろ」「高度成長期のごとく働け」「バブル時代みたく消費しろ」という圧力が世間一般の規範枠組みと化しつつあるのなら、これはもう逃げるしかない。

労働がメインでそれ以外の余暇はサブ。
職場が最優先で家庭はその次。
家庭の問題は個人の人生を左右して当然。

職場 > 家庭 > その他共同体 > やっと個人

という優先順位が昭和の価値観では当たり前だったみたいだが、今はちがう。
だいいちそうしてしがみついているうちに、会社や家庭や共同体のほうが先に耐用年数が切れてあっけなく解散する。そして残るのは個人のほうだ。

ただ。

そういう認識が地方で共有される(一般人が意識し危機感を抱く)までにはかなり時間差が必要で、「嫌なら辞めろ、代わりはナンボでもおる」と雇われるほうも雇うほうも思い込んでいる。そういう前提でいたら、いずれ移民の受け入れを果たしたとしても先方から敬遠されると思う。

いま実は、職場の正社員が数人休職している。真冬の体調不良を機に、これまでの無理が一気に祟ったのだろうか。いわきびと完全に同世代。決してメンタル弱そうなタイプでなく、むしろどちらかというとド厚かましい部類に入るキャラだった(そう演じていたのかもしれない)。

彼らの空席を見て、いま絶賛応募中の正社員にもしなったら、わずかな歯車の軋みでこうなってしまうのかと考える。でもいわきびは、いわゆる正社員にしがみつく人のことを笑う気にはなれない。なぜなら「一度くらい世間一般でいう一人前の処遇を経験したい」という気持ちが自分のどこかにもあるからだ。給料だけでなく、親や親戚や同級生やそのほか社会生活で接する人々から「一人前とみなされたい」という欲求は、やっぱりそう簡単に捨てきれなかった。正社員などいくら応募してもなれない、またなれても割が合わない、単一の帰属を迫られて自分の人生など消耗するか、不利な条件が重なれば心身を病むだけだと解っていても、やはりめぼしい求人に「応募する」をクリックしてしまう私であった。

彼らにはただただ回復して、自分の人生を楽しんでほしいとしか思わない。で、いわきびはすでに社会のレールを完全に外れたことを理解して受け入れて、それを強みに既定路線とはちがう稼ぎ方や生きる技法を取り入れていく。レールの内側では決まったことを決まった時期にしかやれず、生き方の幅は狭い。が、その外側では、無限に近いほど多様なコースやルートを描き得るはずだ。自分で作る気さえあれば。

旧い価値観が与えてくれる見返りには、もうそんなに美味しいものはない、とそろそろ見切りをつける時かもしれません。

帰郷した日をふりかえる

f:id:iwakibio:20170309181701j:plain

祝福を。写真は飲食店に生けてある花木とその芽です。

そこかしこに春の気配が漂いはじめ、焦るべきなのか喜ぶべきなのか、今一つとるべき態度がわからない。が、ただ一つ、暦に惑わされてはいけないとは思う。自分のリズムを無視して司法年度や会計年度に合わせることは自分を見失うもとである。

帰郷した四年前の初夏を思う。向こうの部屋を解約し、仕事も辞めて、何とか滑り込みで次の仕事が見つかって数日後に出勤を控えていた。新幹線で山陽へ到着し、父の運転する車で四国へ向かう。

小雨が降ったりやんだりの天気だった。霧も漂っている。しかし、しまみ海道は市民マラソンをやっていて、雨の中ランナーたちが思い思いの姿勢で走ったり歩いたりしている。それは濡れてはいけない雨だ!ととっさに胸をふさがれる思いがしたが、ランナーたちののびのひした様子はとても強く印象に残っている。出場するからにはタイムを競い、時間制限もあるのだろうけど、走っている時は完全に自分の身体と、それを通して見える景色に没頭できるようだ。
瀬戸内の島は穏やかに佇み、道の両脇にはルドベキアが咲き渡る。今年新たに芽吹いたチモシーも照葉樹の葉も雨を受けて一斉に伸びようとしている。それは世界への無条件の信頼と肯定に包まれた情景で、これから始まる生活で自分に何があっても人生を肯定しよう、生きていることを楽しもう、と自然に決意させてくれるものだった。

あれから情況は変わった。良くも悪くも自分や周囲との関係は昔のままではない。けれど、どんな境涯にあってもつまるところ、海道を楽しむランナーの姿勢が生きる道筋のすべてかもしれない。世界からどれほど過酷な現実が突きつけられても、それを享受し意味づける力は、万人にあるのだから。

良い関係と距離

f:id:iwakibio:20170308200149j:plain

祝福を。写真はお城のふもとにある学校と通りと桜。
今日は小休止状態のいわきびです。といってもふつうに出勤し終業、企業からのお祈りメールや書類通過連絡を確認後、求人を探す。派遣会社にも返信する。いまカフェでそれが終わり、珈琲も飲み終わって退席間際。


関西在住の友人が、しばらくなら居候してもいいよと言ってくれている。いわきびの事情や意思を前から知っていて、転職サイトや派遣会社の活用も勧めてくれた。
住まい探しも保証人の要らない
UR都市機構
http://www.ur-net.go.jp/sumai/sp/merit.html

や、
シェアハウスを扱うひつじ不動産
https://www.hituji.jp/about

も教えてくれた。

日は過ぎる。春分の日辺りには結論を出すことになる。この時期は移動ラッシュだから、早めに動いたほうが…とも思う。

だが。

街であれ人であれ、本当に大切で良い関係でいたいと思う対象ほど、適度な距離が要になる、と私は最近思う。一般論としてでなく、実は祖父母の介護に通う両親の姿を見ていてそう思うのだ。
前に書いたかもしれないが、父方の祖父母も母方の祖母も、それぞれ私と両親の住む街から車で一時間半ほどかかる県内の別の市に暮らしている。前者はほぼ歩けない祖父が入退院を繰り返し、後者は長く認知症を抱えて昨年春に脳梗塞で倒れたのを機に祖母宅での在宅看護となった。

祖父の看護は数十分おきにトイレ介助があり、それゆえ付添ベッドはあるものの夜は寝られない。周りに飲食店もないから看護で泊り込むときは父も母も自分用に何食か弁当を作って持参していた。一時期は介護する側が先に倒れるのではと思われるほどだった。がいまは落ち着き退院し、介護する側もリズムがわかってきたのだろうか。
たしかにその時は大変なのだろうが、自分の家にいる時父は時代劇を観たり、DVDの整理をしたり、家事や料理や買い出しをしたり、だいたい気ままに楽しんでいる。もちろん呼び出しがあれば応じるが、基本的に退職して毎日日曜なので、祖父母宅とは別の市に別の時間で生活する時をもてている。

母の方も、まだパートで仕事を続け、週末は市外へ介護だが、こちらは自分の実家で寝泊りできるし、お風呂も入れ、祖母は栄養・薬の流入とチューブ交換、オムツ交換などルーティンな(といっても決して簡単でないが)作業をこなし、トラブルがなければあとは見守りだけである。なので、平日の疲れもあるし、余計な用事は極力避けて細切れの時間ながらDVDやTV、本などを見たり横になったりらしい。

それもこれも、おそらくべったり同居であったらとっくにお手上げで続かなかっただろう。車での往復はたしかにきついが、別の時空間を確保できているからまだ続けられるのだと思う。

だからいわきびも、大事な人や街とは適度な距離を置いて良い関係でいたいと思うのだ。っていまあんまりなりふり構ってもいられないんじゃないかと思う気持ちもあり…よくわからない。

ともあれ、数時間単位でプランや選択肢をシミュレーションし、手元の電卓を叩き、まだ見ぬ生活に思いを巡らせている。こうしてブログを書いていれば独りではない気がするので、皆さんもそれぞれの時間を生きてゆきましょう。

忙しさの効用

f:id:iwakibio:20170307221943j:plain

氷雨が降ったあとみたいな道を飛ばして退勤後千円カットへ。駐輪場からは近くのアパート越しに白蓮のつぼみが見える。
散髪後、小雨が降り出したので急いで帰宅。束の間の休日を過ごした母と言葉を交わし、つい「おカネがない」ことを口走ってしまった。当然親は心配するので「仕事が決まらないと出ても生活費が底をつく」「仕事が決まればいいねえ」などとボヤき始める。しかし1時間後に転職エージェントとの電話を控えているので自室へ引き揚げPCを立ち上げ、別件で書類選考用の履歴書などを手直しする。

電話を終え、先方に応募書類をメールで送付後、別件の郵送用書類を出力。いいかげん転職サイトを使った正社員応募も見切りをつけなければと思うのだが、自分みたいな年齢経歴の者でも都会なら応募できるし面接もする所がある、めぼしい求人もあるので、もうむしろ自分が後悔しないためだけに出しているのかもしれない。


遅い夕食に、両親が食べた残りの鍋をいただく。あと一週間少々で次の給料が入るけども、これ、生活保護と比べた差額を申請可能な対象になる額じゃないのかと思う。この数年、ずっとこんな額でやってきた。実家にいるからやってこれたけれど、貯金も繰上返済にあて、また就活費がかさむとたちまちこうなることはもっと早く気づくべきだった。アクセスの良い土地でまともな給料をもらっていた頃とは負担がちがうのだ。

でももし資金に余裕があって、もっと世渡りがうまかったとしたら、やっぱり地元を拠点に選ぶことはしなかっただろう。で、
クラウドワークスほか記事を書く在宅ワークへもすぐにスライドして、雇われて通勤する仕事の割合を減らしていただろう。それがすぐできないのは、やっぱりやったことのないことへの恐れがあるんだろう。

たとえ懐に余裕をもって移住しても、数ヶ月は不安定な生活になると思う。新しい仕事や生活への慣れに加えて、たとえば世間一般のふつうとは違うことに着手したり、営業の一環として人に呼びかけたりもするかもしれない。そんな時、中規模な地方都市では変な目でみられたり、信用を得にくかったり、窮屈なことが多々あるならば、雑多な人が集まる大都会に身を置くほうが万一の事態でも支援にアクセスしやすいのでは?と先月上旬から思い始めたのだ。いやでもまずは静かで手近な環境に身を置いて…だって最初ここ住みたいって思ったでしょう?と自分に言い聞かすも一度生じた違和感は拭うことができず、選択肢を広げて今にいたる。第一、最初に住もうとした土地で参入しようと思っていたコミュニティが実は来年から縮小すると聞いてしまった。そこへ入らないなら、何も今年そこに身を置く必要って全くないのではないか?

こういう折、わたしはかつて駅前で買っていたビッグイシューという雑誌を思い出す。9年前、先行きが行き詰まってじたばたしていた頃、唯一繋がれるオルタナティブとして買いはじめた。当時やっていたように、高速で動いてタスク一つ一つの比率を下げることで、不安に捕まらず活路を作っていけるかもしれない。タイトルと中身の全然合ってない記事だけど、これがわたしの近況です。

いま一度、場の影響を考えると

f:id:iwakibio:20170306204936j:plain

祝福を。写真は市内中心部の桜です。
場のもつ力というのは自分が考えている以上に強力で、無意識に人を拘束するのかもしれない。
週末のジタバタ旅から戻り、一拍おいて考えを立て直し中のいわきびです。今日はふつうに出勤し、淡々と仕事を終えてきた。職場ではいわきびの他に、同じ身分の人たちが何人か辞めるらしい。非正規とはいえいずれも主力と言い得る人材なので、残された人たちはちょっとびっくりしたようだが、いわきびはま〜そうだろうな、としか思わない。 皆さん本当にマジメに几帳面に、残業代のつかない範囲で時間の犠牲を払ったり、担当者の負担を先取りして仕事を手伝ったり、時にそれにつけ込まれて仕事を押しつけられたりしながら今日までやってきた。それを、人手もインフラも足りないことを放置し、毎月突貫工事のように担当とやり方を変え、だんだん整合性がとれなくなって歯車は狂い始め、いまや若手正社員が潰れかけるに至ってもう関わるのをやめようと決意したのかもしれない。

それにしても、場のもつ力は怖い。そんな職場でも矛盾を呑んで、機転を利かし、年の功や処世術に任せて何となくまともなメンバーと関係を築いていく人たちがいる。そうして、色々あってもどことなく平和でなんだかんだ言いながらホームドラマのように決められた枠の中で全ては起き、たとえ体制に楯突いても時がくればまた体制へと回帰していく物語のような空気が作られていく。その中で矛盾に気づき、何とか声をあげてもみなその平板な空気に均され覆い隠されてゆく。十分な処世術をそなえていたはずの若手たちもそうやって疲弊したんだろう。

その場に固有の空気は来る人にそこに合わせた所作を要求する。それが具体的にどんなものか言語化できればまだいいけれど、そうとは限らない。たとえばこの地元特有の息苦しさ、窮屈さ、煮詰まりやすさは、本当に風土の厳しい地に住む人たちからすれば一見恵まれて見えるので、合わない人は何に嫌悪をおぼえるのか自分でも自覚できないままごまかしようのない違和感を抱えて日々暮らすことになる。

働く場で最低限のインフラさえなく、身の置き所なくラインをたらい回しのごとく移動してみれば、そこに居ることが命のムダに思えた。そうやってわたしは退職を決めたはずだった。このブログも、働き方(稼ぎ方、生存資源を得る術)を変え、住まい方(どの地に誰と住むかだけでなく、身の置き所や居場所)を見直し実践するために、そしてその足跡を記録するために書いている。

だったら、こっちで職業訓練とか一人暮らしとか眠たい考えが胸をよぎること自体おかしい。ここに身を置く限り思考/志向はどうしてもここの仕様になってしまう。それを断ち切りたくて移住を決めたはずなのに、資金が危ういのと、当初の候補地が揺らいだのとで迷走に陥った。

まず、生活の段取りーとくに身の回りのことをするタイミングーを自分仕様に戻すことを優先する。だったら一人暮らしはまだ譲れない。そのために余分な支出を極力避けて、生活コストを下げる。雇われることや通勤してどこかに通う以外の稼ぎ方を試す。そっちに舵を切る過程でまた別の風景が見えてくるかもしれない。

こうしてる間も労働時間も、アイディアを浮かべては否定し、書き出しては調べている。自分の行動が、行く先々の場に縛られすぎていないか、もっと吟味する必要があるだろう。

さて、どうしたものか

f:id:iwakibio:20170304200553j:plain
祝福を。
この数日間迷走気味のいわきびです。

地元を出るにあたって、色々調べては動き、結果が出て別の選択肢が湧き、試行錯誤を繰り返しては何が優先順位かわからなくなってきた。

山陽へ出て、安い部屋を借り在宅ワークと派遣労働を組み合わせてゆっくり自分の生活を取り戻す予定だったのが、先月あたまから志向が変わってきつつある。
わたしの年齢で正社員ふくめ何か「正統とみなされていること」へのアクセスハードルが高いのはわかるのだが、どこで見切りをつけるべきかわからない。


地元で暮らすことへの限界はうすうす見えている。長くここを離れて暮らしていれば、ずっと地元にいた人たちとは同世代でも価値観や利害関係や優先順位が異なることを昨年痛感した。まして今は転換の時代。同い年でも旧い価値観を払拭できない人、早々に捨てて新しい技術を取り入れネットワーク作りに励んできた人とでハッキリ明暗が分かれておる。で、いわきびは危機感はあったけど具体的な行動が今一つ及ばず前者組だ。

それで、職業訓練を受けてPCでもITでも情報関連技術を正統に体系立てて学びたいと思うのに、どこでどのコースを、が決まらずうまくいってない。

職業訓練は大きく二つに分かれる。

公共職業訓練と求職者支援訓練のちがい
http://jouhouguide.com/public-training

今回わたしは雇用保険を受給できるので、前者をやるべきだ、とハローワークで助言された。公共職業訓練は、雇用保険の受給が訓練修了まで延長される。通学距離が2キロ以上なら交通費がつき、担当者いわく「教科書代の足しに考えてもらったら」と通所手当もつくらしい。

コースによるが、だいたい半年〜1年間。

地元で受けたら1年間はこっちに住むことになってしまう。その場合、今の家を出て一人暮らしはたんに貧困に陥るだけではないか。

3月下旬、春分の日頃までには結論を出そうと思う。どんな落し所が見つかるか予想もつかないが、こういう不安定な時も楽しめたらよいなあ、と思うのでした。
写真は岡山駅構内のチューリップ。ほんとはこんなことしてる場合ではないのかもだが、目の保養に。

アクセシビリティについて

祝福を。
退職・転居を告げて数日のいわきびです。

求職も住まい探しも職業訓練も、調べて動いてバタバタしているのにいっこうに落とし所が見つからない。山陽、関西の都市部を徐々に絞り込んで「で、どうする?」の結論が出せずにいる。

職業訓練も、もうすぐ締切の県外のコースを申し込みたかったのだが、それは求職者支援訓練で、いわきびは今回雇用保険が出るのでこれに連動した(訓練終了まで受給を延長できる)公共職業訓練の方を窓口で勧められた。で、公共訓練のメニューはまだ詳細が掲載されておらず、説明会を順次行っているところらしい。他の候補地を見ると内容はすでに掲載済&募集開始だが、私が取りたいコースが公共訓練にはなかったり、コース一覧が未定だったり、またはメニューが豊富すぎるのは良いが締切に間に合うか、そっちで部屋探し間に合うか、など計画の立てように困る。ちなみに地元には、マッチングするのが無い。役立ちそうなコースもあるが、開始が遅い。

明日はまた山陽へ発つが、自分のしていることの方向性が「?」である。もう少しだけ、めぼしい求人に応募して試験へ、派遣会社への登録ももっとする、そして住まいの辺りをつけるー、はずが、資金がジリ貧になってきた。
だいたいもらうものが少なすぎるのだから支出が増えたらあっさりヤバくなるのは当然ですね。帰郷前に働いていた給料とは違う。そしてあっちのアクセスとも違う。交通費がかかる。市内も交通が不便なのでたとえば雨の日トラムでハロワへ行ってまた駅前へ戻るのに時間を食う。それでも十分おきに来てりゃ恩の字だろうが、と思われるかもしれないが、大都会なら問題なくできること、ド田舎ならあきらめがつくことのどっちも地元ではだめ。家賃も賃金も激安の中途半端な地方都市でジリ貧に陥ることの危険を帰郷四年目で痛感する。
あっこの状況ヤバイ、この選択ダメだ!と気づいても、素早い変化がしにくかったり変化に制約がかかったり、しがらみにジャマされたり、選択肢が少なかったりあってもアクセスするのが困難だったり、情報を得るまでにやたらハードルが高かったりコスト負担が大きかったり。
どこで何をしても逆境や不調は付きものだが、たまたま悪条件が重なった時に身動きが取れなくなってあっさり詰む、ということが地方では起きやすい。大都会に比べて田舎は、生存資源のなかでもとりわけ情報や支援制度へのアクセシビリティが良くない。大都市なら一日に五つのタスクがこなせるところを田舎では一つだけ、ということもある。

と書いているうちに夜が更ける。入浴と、登録向け経歴の入力をしなければ。

どこでどんな身の振りになるかわかりませんが、人生にはこんな旅もあるのでしょう。
現状を変えようと奮闘するみなさんと、ぜひ共に生きたい!!