いわきび、森の明るみへ

四国の片隅から働き方や住まい方を変えたく奮闘中。人生の時間比率は自分仕様に!

覚悟の決めどころ

祝福を。

来月の身の振りも未定ながら、考えは浮かぶに任せて引継をがんばったいわきびです。

こういう時は頭で考えすぎないことにしている。本当に変転のときは、状況と心境の変化に容赦はない。数時間、数十分単位で目まぐるしく変化する。たとえば職場なら事情を知っている同じ業務担当の者が自分の考えを私に話し、次にたまたま備品を取りに入った別室で違う世代の人が言うことに立ち止まらされたり、あれあの制度はこの理解でよかったのか?とか疑問が湧いたりして、洗面所に行けば同世代の人のしぐさにただ生きていることの貴重さと尊厳を思わされ、しかしこの自分と重なるものはないのだと長く地元を離れていたこの身に決定的な事実をあらためて確認したりする。

まあ、職場で起きることなんぞいまの私には動揺のタネにはならない。今から9年前、進路が行き詰まって一ヶ月だけ海外へ出たり資格取得の勉強を勧められながら周囲に反対され進退きわまるところへ同世代の友人が自殺した報せがとびこんできて彼女とその周囲をめぐる人間関係のおおもとに不信を抱き…の頃に比べたらまだ考える時間がある。


三択だと思っていた選択肢はどうやら二択のようだ。

一つは、地元で実家に住まい、クラウドやランサーズで在宅仕事&派遣労働でひたすら奨学金返済にはげむ半年〜1年間。

もう一つは、居候していいよと言ってくれている関西の友人宅へ寄宿し転職目的の職業訓練を受けて、できれば週20時間以内のバイトをする日々。

前者はお金を取り、後者は転身を重視した選択肢である。

今朝まであると思い込んでいた三つ目の選択肢とは、地元で一人暮らしすること。もし契約可能な部屋があれば、安い家賃で地元で自活し家族と別居して働き、勉強と執筆を続ける、というもの。

でもこれ、あくまでMAXうまくいっての話だわ。

別居したとしても市内に住めば家族と断絶するわけでもないし、介護問題で揺れに揺れた昨年のことを思えば下手な情が湧いて介護に関わって家族関係がベッタリになり、結果としてキャリアにブランクができることもあり得る。
また、一人暮らしは今の自分には費用がかさみ過ぎてとにかく固定費を払うことに必死になり、貯金はもちろん返済もおぼつかない中途半端なドツボにハマるおそれがある。 もし思うこうに仕事が来ない、続かない、そして健康を害したときー、困るし、何を優先したいのかわからない途である。だいいち風呂の栓を抜いたままお湯を注ぐようなもので、部屋の契約と一ヶ月生活は可能でも今の自分にはあまり現実的な選択ではないみたい。

家庭の危機は誰にも訪れる。そんな時、「皆が働いていれば何とかなる」と同僚は言ってくれる。至言だと思う。しかしそれは、家族のメンバーが働くことメインの生活を送り、当人もそうしようという意思がある場合に限られる。メンバーの一人に家庭を支える意思がなく、家族とできれば距離を置きたいと考えているときには、正当とは言えない途かもしれない。

今は一週間の疲れと職業のしんどさがこたえてくつろいでいる。来週末には決めるだろう。ここが私的な心情吐露の場となっても、同じように自分の先行きを模索中の人がーまたそれを乗り越えた人がー読んでくれて、ともに奮闘できればと思ってしたためるいわきびなのでした。