いわきび、森の明るみへ

四国の片隅から、働き方や住まい方を変えたく奮闘中。人生の時間比率は自分仕様に!

さよならの前に

f:id:iwakibio:20170228232604j:plain

祝福を。今日、退職と転居の予定を家族に伝えたいわきびです。折に触れてそうしたい旨はつぶやいてきたけれど、面と向かって報告するのは今日が初めて。
思ったよりあっさり淡々と受けとめておりました。たぶん、今の両親には子どもより親のことが優先だからかもしれない。毎週それぞれの実家だの病院だのに介護へ通う親にしてみれば、とりあえず自分で動ける子どもの体裁など目を向ける余裕がないのが実際だろう。

3年前の今頃、地元で一人暮らしをしようとして両親の猛反対にあった。二人にとって私の帰郷じたい不可解であり、奨学金返済残額も今よりずっと高額で、またここで何度も書いているようにびっくりするような時給の非正規雇用だったので、無茶なことに思えたのだろう。こっちでは保証人なしで借りられる物件は見当たらず、保証人になってくれるという友人を頼るのも借りだけつくるような気がして断念した。

そこからは、煮詰まりと停滞との闘いだった。震災後抱いた夢のための貯金も返済にあて、イチから貯め直すことに。貯金を手放してみれば、こんな貧困な雇用に留まる理由はかえってないことに気がついた。良い仕事が決まったら、などと考えていると1〜2年がすぐ過ぎていく。しかも、フルタイム労働、家族同居だと時間の使い方に制約ができるため、何かをしても「消費」に留まってしまう。それが嫌で、昨秋からジタバタを開始した。

そんなわけで、資金面の不安は在るものの前へ進んでいくことにしました。ここでもちょいちょい報告するので、気長に見守ってやって下さいね。写真は街中のミモザ。実際のこの周囲には、ビオラ水仙など春の花が溢れています。