いわきび、森の明るみへ

四国の片隅から働き方や住まい方を変えたく奮闘中。人生の時間比率は自分仕様に!

参加に値するつながりについて

f:id:iwakibio:20170408110135j:plain

祝福を。写真は雨上がりの山桜。

両親はでかけ、家に一人のいわきびです。

この一週間はジェットコースターのようで、いけると思った選択肢がダメだったり、数ヶ月前から予測していたことが外れたり、自分が除外していた選択肢に合致する求人があって応募してみたり。人生ではそんな時があって当然なのだけど、私がイヤだったのは、あの何も手につかない、何をしていても落ち着かない、せっかく一人の時間が持てたのに肝心の自分の内面は嵐のようにネガティブな感情で荒れ狂っているひと時だ。

本のページに目を落とす。文章を追い、その世界に呼吸を合わせようとする。が、そこれ没入することを引き止める自分がいる。

そういうことをしていては外の時間と切断されてしまう。外の世界との接点が消え、どうあがいても小さな枝一本つかむことができず、世の中の淵から落ちてしまうー。

実際にはいま周囲には求人が溢れ、自分の向き不向きや割に合う・食べていける収入かはともかく、労働を通した「社会参加」(と書いてみてもうこの概念が古びているなあと感じる。参加に値しない社会はいくら包摂の網目をかけても構成員は逃げていく)の回路は至る所にある。

働く側に利益が大きいかどうかは別として需給バランスだけ見たら「人手不足」「売り手市場」はどうやら事実だ、と転職活動開始から5ヶ月を経て実感する。この時代でも有求倍率0.18だか0.26だかとにかく求人1件に対して応募者4人と言われる事務職をやっていたいわきびに今ひとつ実感ぎ湧かなかっただけのことである。

働き方改革。何を今さら感の強いこのフレーズには、個々人がもつ有限な時間の配分を、どうにかしてその人自身ではなく社会や国家の側に都合よくこねくり回して与えようという企てがある。一日は24時間しかない。たとえ世界が複数あろうと、どんなに合理化を進めようと、物理的時間の有限性は厳としてある。子育てや介護をしながら会社の都合で残業や長時間労働をするのは無理である。その無理を通せたのは生産人口が大量にいて、働こうがどうしようが家事ケア雑務を引き受ける立場(多くは女性)に全て押しつけ、そうすることが前提の制度設計だったからだ。

働け、稼げ、消費しろ、モノを買え、子どもをつくれ、介護も忘れずに。そう言われてたらそのうちのどれかを、あるいは全てを放棄したくなる層がいても不思議はないし、実際増えている。先日発表された生涯未婚率の数値はその一端でもあるだろう。

「社会的つながり」という言葉が若者支援でさかんに使われ重要視された時期があったけれども、今の時代はそれも嘘くさいと思うのです。なぜなら、既存の社会に紐帯のくびきをつけられ、その網目に包摂するよりも、実のところそれ以外のコミュニティやつながりを思いもよらない形式で形成することが、現在では可能だからです。

今から十年前、 SNSは今ほど成熟していなかった。使い手の数も限られ、使い方もあまり融通がきかず、使う側のルールやマナーもまだ形成途中の段階にあったように思う。機械・ネット音痴ないわきびの私見にすぎないが、あのアラブの春や、「紫陽花革命」だの言われたデモ集会のような事態は、良くも悪くも2007年には起こり得なかった。

若者の就職難や貧困、茶番な就活にブラック企業の実態に対する社会の理解は今よりずっと低かった。過労や、非正規or無職でいることへの圧力で心身を病んだり引きこもったり自殺したりしても、新聞の投稿欄で取り沙汰されるのは「残された気の毒な親」への共感が目立った。

でも、いまはちがう。いまや働かないこと、非正規雇用でいること、モノを持たないこと、少ないお金で暮らすこと、結婚はもちろん恋愛の価値にさえきちんと疑いをもつことを、積極的に選ぶ人たちが出てきた。マスメディアだけが情報源ではないし、それ以外の情報はネットで拾え、気軽に質疑応答もできるようになった。ブログサービスも使いやすいものが登場し、SNSの種類も増え、目的による使い分けも可能である。これらが十年前に普及していたら友人は死ななくてすんだかもしれないのに、という思いが募る。

そうこうしていたら小雨が降ったり止んだりの外も時間が過ぎていく。洗濯物は風呂場に干し終えたから、そうだ花見に行きたい。雨でも傘をさして安全な場所で、麦酒を味わいたい。私はこの先どこで何をしようと、自分の身体から知覚される世界を味わい、自分の立ち位置と世界がどのようであるかを探り、世界への信頼を築いていく。その過程を、時間ゆるす限りここへしたためるでしょう。

生産人口が減ること

祝福を。

失業給付(もういっそもらうのをやめたほうが良いような気がしてきた)、職業訓練(受けるなら)との兼ね合い、家族の理解のなさ、自分の意思、派遣法改正ゆえの短期労働の制約等々がまったくかみ合わず、利害がバラバラでうんざり中の、いわきびです。

今日は国保加入のため市役所へ。離職理由が会社都合なら軽減措置が受けられる。が、まだ離職票が手元にないため、もし軽減対象だと分かればその手続きに着て下さい、ということでいったん終了。このままこの状態が続けば6月に初めて保険料を納付する流れとなる。

外は午後からずっと雨降りだ。来週火曜まで続くらしい。

「三方よし」という、 近江商人が大切に守ってきた精神がある。「売り手よし、買い手よし、世間よし」、すなわち商売は売り手の利益だけでなく、買い手にとっても良く、かつ広く世間にも役立つものであるべきだ、という思想である。これと正反対なのが今の自分の状況で、何かを取れば別の何かに不利が生じたり、反対にあったり、制度が変わって前はOKだったものがそうではなくなっていたり、周りが喜び勧めそうな選択肢はいわきびが嫌悪したり。

いっそ本当に隠居してかかわり一切を拒絶しようかとも思うが、それをやるとお金が返せない。で、ぶじ完済したところでその時自分に何が残っているか。とくに東京オリンピック以降の社会はもっと貧困化が進み、高齢者ばかりで生産人口の絶対数が減り、経済成長と人口増加を前提としてきた制度は疲弊しにっちもさっちもいかなくなっているだろう。

そして、自分の世代が長生きして介護が必要になったとき、まともな医療福祉制度やその担い手があるだろうか。自分よりもっと下の若い世代は国を見限って出ていくスキルと理由がある。そういう人々を笑って送り出す余裕があればよいが、荒れた社会のひずみを受けた子世代が、身近な上の世代に不信と蔑みの目線を向けるのはそう遠くない時期だろう。

きめ細かいサービスを維持するだけの、担い手の絶対数が減ること。介護分野がその影響をいま露わにしている。

常識や思い込み、制度の網の目を突いて外へ出る機会はたえずうかがっている。いまは無理でもいずれ来る混乱に乗じて脱出の意志だけはいつも確かめていたい。

曇り空の街から

f:id:iwakibio:20170405132037j:plain

祝福はいずこより来たるや。
写真は電停横の花壇です。

今月に入ってからもう全てが詰む方向に行ってるのではと思うほどうまくいかないいわきびです。

この時間記事を書くのは初めてで、それも今日はまたしても、ぬか喜びで終わる出来事があり外出先で立ち往生して迷走、カフェへ退避。

久々に就活以外で四国を出られるかと思ったらそうはいかないことがわかり、電車賃を使い、不足していた靴下とカーディガンを買い、朝昼兼ねてパンとコーヒーをカフェでとり、本を買い今に至る。

この金額だと岡山への片道バス切符代にほぼ等しい。どこまで萎縮してみみっちい心配をしているのかと情けなくなるが、あと切らしていた味噌も買わねば、私鉄のカード料金もチャージせねば、何でこうお金が出ていくかねと生きてれば当たり前のことをぐずぐず考える。

ふりかえれば仕事を辞めてまだ5日しか経ってないのだが、秋からの職と住まい探しを考えるともうすでに半年くらい身の振りが定まらなかったみたいに感じる。

予想外のことは、ある。

アテにしていたことがアテにできないと判明することも、ある。

それは良いとして、いわきびが嫌なのは人生の方向転換が振り出しに戻ったかマイナス地点まで行ったか、家族ほかの反対で実現しないか、それやこれやでこの状態が固定化してしまうことである。

本を広げても気づけばバイトほか求人を検索している。

何もかもが中途半端で身動きがとれない。

自分の意思や努力で変えられることは何なのか、それもわからない。

権利としてもらえるはずのもの(失業給付)も、既存の制度でアクセスできるもの(職業訓練)も、今回は下手に使うとかえって制約だけが増えて不利にはたらくようだ。

現状の定義はたんに「スキルアップを望む失業者」のはず。これに、あるていど手に負える残額となった奨学金返済が加わる。

損が出ないようにクラウドで引き続き書く、短期バイトに着手、失業者をつづけるメリットが本当にゼロと分かったらまた派遣で応募しよう。もうそのくらいしかできることが思いつかない。

それでも笑えるのは、前職を続ければ良かったとは微塵も思わないこと。も少し早く辞めていればなあ。パートでも時給が良くて賞与のつく仕事はいっはいある。加えて飲食業は本当にきついけれど、金額だけみればお蕎麦や牛丼を売る店の方がバイトの時給が高い。あんまり悪くも言いたくないが、いくら社保付きでもあれ以上前職に囚われていたらもっと世間から取り残されていただろう。

さあ残り半日を命が喜ぶように生きよう。思うところ他にもっとあるので別途記事も書こう。読んで下さる方がどのようなお立場か存じませんが、良き毎日をお過ごしください。

失業給付、職業訓練、バイト、時給etc

f:id:iwakibio:20170405010257j:plain

f:id:iwakibio:20170405010316j:plain

祝福を。みなさまはお休みでしょうか。

こちらはこの2日間新たな動きがあった。細かく書けばキリがないのでざっくり記すと…


めぼしい職業訓練の詳細を聞く→
どうも今の自分には中途半端な内容かもしれないと判明

失業給付を受給するならアルバイトは制限される(週20時間未満。実際には雇用保険がつかない労働ならOKで、働いた分の給付が先延ばしになり後ろへ繰り越される。)
→それはけっこう制約になる。短時間OKか短期のバイト…と探した短期バイトに応募TELしたらすでにキャンセル待ちと判明。派遣で3ヶ月以内の仕事は限られた人と業種しか不可。
そもそもなんでバイトせざるを得ないかというと前の給料が低すぎてもらえる金額が心もとないからだ。

で、飲食店のバイト求人を見てみる→
何これ研修中の時給でも前職より高いじゃないかと、憤怒とも悲哀ともつかない、そのどっちも含み超越した感情が湧く

職安で地元求人をご紹介頂く
→応募済み。「信じて歩みを起こすなら、神からの力が与えられる」と本田哲郎神父の聖書訳にあるので、動く。

…こんな感じ。

書きながら思ったこと。今回のいわきびのケースは、雇用保険の受給も職業訓練の受講もそれほどオイシイ選択肢ではないかもしれない。この一年は派遣で働きガッチリ完済をめざす、がベストだったのか?…

ただスキルアップは必須だから、この時間を利用して、登録済の派遣会社で無料視聴可にしているeラーニング講座で、学べるものは徹底網羅する。

IT系スキルも、オンライン講座の開設が色々進んでいるし、そういった学習サイトを使ったらその所感をまたここへ記しましょう。

写真は河原の桜、ムスカリ。花の下にはまばらながら飲食を楽しむ人々がいて、命ある限りこうして花を見て人と交流する歓びは、何度春が訪れようとその歳の一瞬を刻んでゆくものです。

私の死守したいもの

祝福を。

冷たい雨が降ったり止んだりで忙しい空模様だった。

私は久々に、本当に約一ヶ月ぶりに、就活や部屋探しや進路模索以外の本を自室の机で読んでいる。文庫本やPDF化された記事とちがい、分厚い事典はさすがに自分の机でしか読めない。Kindle版をタブレットで読むなら別だが、2千頁近くある本をそういう形式で読むことは私にとってまだ不便である。

帰郷した実家には自室として使っている部屋があるが、これも私の帰る直前まで物置同然のゴミ部屋だった。それを、約一週間位かけて不用品を捨て、元々あった机にネット環境を整え、自分のパソコンを設置し、今にいたる。もちろん帰郷後一ヶ月から今まで断捨離はとにかく続け、繰り返した。

いま、ざっと部屋の本棚やボックスを見渡すと、両親の税金関係資料や今では手をつけられていない料理本、趣味の本などがある一方で、私の本と資料を置いてある棚には先日職場でお別れにもらった品々や求人情報誌、職業訓練のチラシ、空ファイルが目立つ。

これらは追い追い片づくとして、今日机に向かいながらしみじみ痛感することがひとつある。

それは、私は自分の机への凄まじい、悲しいくらいの執着心があったこと。

前職を辞めた経緯は、過去記事に書いたので繰り返さない。事務職といえどたかが時給で使われる非正規だったし、特定の座席がなく必要に応じて作業をする仕事はそれ以前の職場でも経験して別に不快とは思わなかったのだが、今回はちがった。私は前職と、今住んでいる実家、地元の街の造りに起因して自分の居場所を失いつつあった。

実家は両親と同居で共有スペースを使う時間は今では各自好きなようにとなっているが、仕事からの帰宅時間、その日の予定や気分や体調で変に重なってしまうこともある。また休日一人で家に居ても、連絡なしに親戚や、町内会の用事で近所の人が訪れたりする。極めつけは、昨年初夏に行われた外壁のリフォーム。瀬戸内の蒸し暑い地獄のような夏に窓が開けられず、換気もとまりエアコンもつけられず、それでも週末自室にこもれば窓には建築業者の作業員の方々が張り付いていらして、とても居られたものではない。お外に居る彼らは口笛を吹いたり歌を歌ったりしてそこそこ上機嫌なのとは裏腹に、いわきびは玄関を開けるタイミングさえ気が引けてうろたえてしまった。

しかしそんなふうだから、家の外に身を置き涼を取らねばならない。一人で居られる店は少ないものの、チェーンのカフェがとてもありがたく案外心地よく、スマホでどうにか読めるものや視聴できる語学学習があるとわかり、良かった。

その工事は約一ヶ月半で終わったものの、どこも壊れていない外壁の工事なんかいまだにお金のムダだと思っている。

まあそれは去年のこととして、今年はどうなるだろう。どれほど家族と言い合いをしても
泥仕合を繰り返しても、自室の窓から見る近隣の風景はのどかだ。周囲は物干しとしての広いベランダをしつらえた家がほとんどなので、明かりをつけたり窓を開けたりしていれば見えることもあるだろう。

足元もこれからはあまり冷えない季節となるし、もう自室の机は好きなだけ使ってよいし、何なら一日過ごしてよいのだと自分に言ってやるべきかもしれません。

地元とつきあう

f:id:iwakibio:20170401200459j:plain

写真は公園の堀から撮影した温泉街の風景。この寒いなか園内は屋台が出ているが桜は二分ほども咲いていなくて、人もまばらである。
観光地とはいっても観光客向けの店や宿の周りにある、近隣の生活圏が活況と生彩を放つのがこの辺の味わい深さだと思う。この付近を巡ると、世俗の苛立ちが不思議に浄化されるのでこうして住んでいられるのだろう。

仕事は結局未定でーというより決まりかけて断ってしまった。通勤面であまりに負担が大きかったからだー、来月開講される職業訓練の受講を優先しようと考えている。

ただ、稼ぐほうを優先してもよかった。それこそ訓練を受けてすぐ仕事に就けるとは限らないし、公務員がやってるハローワークの鈍さも前回失業したとき痛感したので、仕事があるうちに切れ目なく働いてブランクを作らない戦略でもかまわなかった。少しでも得意なことを生かしてスキルアップとまでいかなくてもそれなりの実績は積める。

一方で、ただ計画が狂っただけの理由で4月3日から就業というのもこれまた納得いかない気持ちがあった。無理やり働いてもスキルが中途半端なので、一年どこかで稼いだとしてもきっちり体系的に学ぶコスパとは比較にならない。まあ失業すれば訓練のほうは受けられるんだからどっちでもよい話とは思っていた。
雇用保険さえすぐ出ればこんなグダグダにはならなかったのは確かで、もう何十回も書いたか言ったか知らないが、

もっと早く、あと数ヶ月早く、年度途中でバシッと辞めるべきだったのだ!!!

期間満了までガマンしたこと自体が大きなムダである。

せっかく吐き出す場所があるのだから何回でも言ってやる。


で、今の問題は何かというと、職業訓練をもし受けるなら、それまでの稼ぎをどうするかだ。短期の仕事を入れればよいのだが、派遣で短期(3ヶ月以内)の仕事は近年すごく減っていて、基本限られた職種と対象者しか受けられない。ほかにshotworksなどで探すと引っかかるものもあるが、別途登録が必要だったり、こちらの都合の良い日でなかったり、イマイチズレている。やはり手っ取り早いのは飲食店か数日限りの販売みたい。


もう3年前になる前回の失業時に、東京のお友だちへ短期飲食店バイトの休憩中に近況メールを送ったら、「派遣で働いたほうがメリット多いしコスパも良いですよ」という返信が来て、今回は自分もそう思い色々試したんだが…


大都市と地方都市の大きな違いのひとつに、交通網の利便性がある。

交通費や通勤手段、時間がネックになることは多々あるのだ。まして派遣のばあいは交通費が別途つくわけではないので、もともと交通の不便なこの土地で仕事を選ぶとなると…こういう選択肢の狭さが嫌で移住を試みたがうまくいかず…、以下省略する。

大都市では人口比からいってももともと仕事の数や選択肢が多いし、少々歳いってスキル半端でも仕事は選べるのだろうが、地方だとそうもいかない。

受講開始から失業給付を受けられる公共職業訓練の受講中も、週20時間以内なら働いてよいことになっているから、何か労働をと思う。だいいちいわきびなんかの給付額はここへ書けない金額なので、この雀の涙を補うために何かしら稼ぎを!と鼻息も荒くなる。

迷走に見えるだろう。

だが自分としてはかなり間口を広くとって短期間で柔軟に動いてきたつもりだ。

それをこの土地しか、狭いレールしか知らない人々に上から目線ーというより檻の外から獣をひやかすようなーで知った口をきかれる言われはない。

月曜から何をするにしても、地元ととのつきあい方において精緻な戦略が必要となる。でも、のらりくらりで脱出の機会は狙っておく。明日は世間で休日だが、いわきびは提案する。働く人も働かない人も、何をしている人も何もしていない人も、暦に縛られるなと。

個人はそれぞれ身体のうちに固有の時間をたたえ、自分の時にしたがって生きればよいのです。それを無理やり破壊する戦争や、労働や、家制度や、慣習を、いわきびは否定する。
皆さんは、自分の命だけを肯定すればよいのです。

自棄にならないために

祝福を。
毎回なに一つポジティブな話題がなくて申し訳ないが発信中、のいわきびです。

けっきょく仕事は決まるんだか決まらないんだか。

派遣でも求職活動に時間を使い、先方からの連絡を待つ時間に短期バイトか近くの飲食店で皿洗いしたほうが良くないか?

そう思い昨日から「地元 飲食店 バイト」で検索したら、よく行く飲食店がヒットした。メニューが安いのに夜間時給が高くてシフトが柔軟。もし昼の仕事が決まったら折をみてこういう所でWワークしようか、と構想だけシミュレーションしてみる。

とにかく応募した所は連絡来るのを待つしかない。

以前失業した時は自分の時間が持て好きなだけ学べたので嬉しかったのだが今回はそうではない。 稼ぎ方が決まらないと何も手につかない。

自転車でもトラムでも、地元はとかく移動に時間がかかる。ある場所からある場所へ行くのに、直で行けるルートというのがあんまりないのだ。道と呼べないような小径、取って付けたような道路の角の横断歩道、滞留の元であると思われる複数の信号。駅の表と裏くらい別の道から通り抜けできるだろうと思ったらそんな道ない。

自分の経歴もスキルも中途半端。
街の規模も中途半端。

働き方も変えたく、いいかげん地元も離れたかったので県外で転職を試みたがうまく決まらず資金が足りなくなった。

で、地元でだいぶ残額の減った奨学金の完済と、職業訓練を受けてもう少しまともな賃金を得られる労働者になるか、時間は不規則でも得意なことで稼ぐか。

息を抜かないとやってもいられない。

本当にここだけの話だが、今回退職を3月まで待ったことは何の意味もなくて、思い立った月に早く辞めていたら、地元でもっと早く多様な職業訓練に申し込めたのだが…もう言わない。読者の方々には何度もお目にかけた文面でしょう。3ヶ月待機はもう仕方ない。ついでに言うと元々の給料が低いせいで失業給付の金額もため息が出る。

なんか起きるのも、寝るのも意味がない。そんな心境にともすれば陥りそうになる。

でもよく考えたら万年人手不足の介護職では夜勤もあるんだから、固定費を支払うための勤め人としての労働は昼間メインでなくてもよいはずだ。もうだいぶ前のことになるが、帰郷して初めて就いた仕事は土日出勤アリの週休2日シフト制で、異常な長距離の通勤さえなければこいつが一番時間の融通がきくし、用事がこなせる。決まった時間に学校へ通うとか予定がなければ少々の不規則勤務もトータルでは休日日数がお得なのだからそうすれば良いのかも、と思い始めている。

ありがたいのは、今もなんとなく街が平穏に見えることだ。もちろんブラック企業あり、死にかけの追い詰められた人あり、八方塞がりのケースは多々ある。

とはいえ、さっきまで煮詰まりかけていた自分が言うのも何だが、この豊かな自然とゆっくりした時間の流れに寄り添って生きるなら、何かしら生きる道は、スキマはあるはずだと思うのです。それを自分が望むかは別として。

とりあえず自棄に陥らないために、逃げ道作りにも力を注ぐほうがよいかしら。いや、いったん全てを壊さないと新しいものは作れないのか。

どう締めてよいのかまたしても解らないのだぎ、明日夕方には次の段階に進んでいるでしょう。じたばたも味わって、ダメならダメだった風景をここに記せばよいだけの話、と思いいったん幕を閉じるいわきびでした。